発達障害をもつ息子(ぶぅ)とそのハハ(こうめ)の毎日
こうめとぶぅの毎日
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
怖い気持ち
2005年 06月 03日 (金) | 編集
桃里さんのコメントで、自分が怖かったことに気付きました。
 
衝撃が強くて、えぇ?な気持ちで一杯になり、怖いという根底の部分を見過ごして、いや、見ないようにしていました。
 
でも、段々と時間が経ち、ある程度の認識が付き、落ち着きました。
 
このブログを見た友人から、大慌てでメールが来ました。
 
彼女も身体が弱くて、いつもたくさんの薬を持ち歩いています。
今もそうなんだろうな・・・
 
「大丈夫よ」って言ってもらえると本当に安心します。
 
きっと、PCを買わなければ、出会うことは無かったでしょう人々に、今はこんなにも励まされています。
 
息子の障害を知って、1人でいいと思っていたし、理解なんていらないって思っていました。
 
確かにそれでも傷つくことはないでしょう。
でも、それでは優しい言葉を覚えていかないものね。
 
息子は今日も1人で階段を登って教室に入って行きました。
 
にっこりと笑って「行って来ます」と言いながら・・・
プラス思考の貯金箱のりゅうさんですが、実はもん母さんのブログから知った、【障害者ブログ★の輪】を拡げている方で、とても前向きで気持ちのいいページです。
ぶーと多分同じ障害を持っている子供のお父さんです。

http://blogs.yahoo.co.jp/suzuryunosuke
 
悩んでいても、前を向いているといい出会いがあるんですね。
 
うれしいです。
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
久しぶりです
お元気ですか、運動会お疲れさまでした。
 
>何かあっても大丈夫ですよ
ありがとうございます。
母の病気を見ていて、なんとかなるもんだと思ってたのに、自分のこととなると、てんでダメでした。
そうですね、案外大丈夫みたいですね。
 
検査には行っておいて良かったです。
 
本当にありがとう。
たっぷり、励まして頂いてます(^^)
2005/ 06/ 05 (日) 18: 38: 12 | URL | こうめ>えみーさん # -[ 編集 ]
こんにちは
私の父と母がどちらとも、
癌にかかりましたが、
(母は25年前に子宮癌、父は5年前に膀胱癌でした)
どちらとも、現在健在です。
何事もないことを願っていますが
何かあっても大丈夫ですよ、と思って書きました。
励ましになってなかったらごめんなさい。
母は割合悩まず前向きに入院生活を送っていましたが、父はかなり精神的に弱っていたように思います。人それぞれですね。
2005/ 06/ 05 (日) 17: 22: 57 | URL | えみー # iirdRl6I[ 編集 ]
居てくれるからうれしい
みかんさん、おはようございます。
 
良かった、みかんさんが元気だとうれしい。

>Blog仲間のおかげかな?

ホントに、おかげさまです。
おたがいさまでおかげさまです。
 
まだ、結果までは長い一週間ですが、ぼけーっとしています(^^)
2005/ 06/ 05 (日) 10: 13: 42 | URL | こうめ>みかんさん # -[ 編集 ]
ご心配
検査結果が分かるまで落ち着きませんね。こぶーちゃんが居るからめげられない気持ちも湧きますよね。最近、『なんで障害なんだ!』と思っていた気持ちが『居てくれるからうれしい』に変わってきました。Blog仲間のおかげかな?
お体大切になさって下さいね。
2005/ 06/ 05 (日) 08: 45: 51 | URL | みかん # -[ 編集 ]
こちらこそ、ありがとうございます。
 
りゅうさんのページは、希望にあふれ、まぶしいくらいです。
 
>精一杯頑張りましょう
はい、頑張ります(^^)
2005/ 06/ 03 (金) 19: 05: 26 | URL | こうめ>りゅうさん # -[ 編集 ]
こんにちは。ブログへのご訪問、【障害者ブログ★の輪】へコメントいただきまして、ありがとうございます。障害に限らず、現実をしっかりと見つめるということは、よりよい方向へ歩いていくための一歩目だと思います。その一歩の勇気が、逆境を乗り越える力になるんだと思います。せっかく命を授かったんですから、精一杯頑張りましょう!
2005/ 06/ 03 (金) 15: 53: 23 | URL | りゅう # CBRGpX.o[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
私は、物心付いた頃から障害者と縁があります。大学の頃亡くなってしまいましたが、3歳下の妹が、生まれながらにして小児マヒでした。全く言葉を話せず、動くこともできず、ずっと寝たきりの妹です。他の人から「大変だね」と言われたことが何度もあります。しかし、自分は大
2005/06/03(金) 15:54:33 | プラス思考の貯金箱
copyright (C) こうめとぶぅの毎日 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。