発達障害をもつ息子(ぶぅ)とそのハハ(こうめ)の毎日
こうめとぶぅの毎日
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
内なる子供
2005年 05月 27日 (金) | 編集
この頃感じている。
自分の中の感情に子供の頃の自分がいる。
 
なんだろうか、これは。
 
突然我慢が一杯になり、あふれんばかりで叫びたくなる。
実際、叫んでしまうこともある。
 
当然、息子は驚いてしまう。
それでも、止められない感情がある。
 
幼い頃、受け止めてもらえなかったのだろうか。
母はいつも忙しく、お風呂でさえも一緒ではなかった。
お弁当も作ってもらえず、祖母がすべてやっていた。
 
不満は無かったはずだった。
 
母の病が重くなり、私は毎日毎日、病院と会社と往復した。
自宅では1人で切り盛りしていた父が待っていたので、食事も用意した。
 
それでも、母は何もしなかった兄のことがかわいかった。
「ごめんね、お兄ちゃんのほうがかわいい。こうめちゃんのことも好きだけど。」

母にとっての良い子はやめた、やめられた。
 
お迎えに来てくれて、手をつないで帰りたかった。
ただいまって言えば、おかえりって言って欲しかった。
 
本当は寂しかったんだな、きっと。
少しづつ自分も抱きしめなくてはいけないかもしれない。
 
私の内なる子供は手ごわそうである。
簡単には抱きしめさせてくれそうに無い。
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
あぁ、良かった。
キラリさんには分かると思ってた。
 
最近思うんだよね。
未消化な気持ちに・・・
自閉症児が起こす行動のリトライに、似てるかもしれない。
 
どこでつまづいているか、確かめないと、息子との事も進めない気がするの。
2005/ 05/ 27 (金) 18: 30: 32 | URL | こうめ>キラリさん # -[ 編集 ]
インナーチャイルド
どこかのブログで読んだわ、インナーチャイルドに出逢って抱きしめてよしよし辛かったんだねとなぐさめてあげるんだって。
さみしくて泣いてる置き去りにされた私を、自分でよしよしして昇華させるんだって。
私も、この作業が必要かもしれない。
2005/ 05/ 27 (金) 16: 30: 47 | URL | キラリ # 8kXIh0Eo[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) こうめとぶぅの毎日 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。