発達障害をもつ息子(ぶぅ)とそのハハ(こうめ)の毎日
こうめとぶぅの毎日
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
生きているから
2005年 04月 22日 (金) | 編集
久しぶりに1人です。
どうしても出かけなければならず、今日はどこにも預けられずに、とうとう園へ行かせました。
 
玄関で泣いている息子を置いていくということは、なんだか裏切ってしまっているような感情で一杯になりました。
 
また、週明けに「行かない」と言うなら、それはそれで・・・
 
実はもう、どちらの実家にもぶーはいられません。
「音がする」と怖がって、帰りたがるし、ほっとけば号泣でパニックを起こすので、預けるのが怖いのです。
 
「ココがいいの!」とぶーはよく自宅の居間で訴えてきます。
 
色んな側面からも今回のことは考えてきたんだけど、やっぱり答えはでません。
だから、ぶーの言う「ココ」にいるしかないんだろうな、と思います。
 
いつかこんな日は来るんだろうと予測はしていましたが、まさかこんなに早く来るとはな・・・が実感です。
 
生きているんだから良いじゃない、そう言い切った友達に腹が立ったことがありました。
でも、今はそう思います。
 
「息子は生きている、だからそれだけでいい」
 
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) こうめとぶぅの毎日 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。