発達障害をもつ息子(ぶぅ)とそのハハ(こうめ)の毎日
こうめとぶぅの毎日
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
泣ける歌
2005年 04月 21日 (木) | 編集
ぶーを授かってから、涙腺がゆるんでいる。
 
NHK系の歌にはやられっぱなしである。
 
「ちいさな木の実」「しあわせ」「おかあさん」
 
題名は定かでないが、木の実の歌は秋になると、こわいCGとともに流れてくる。
父親が亡くなってしまう話しで、思い出すだけでも泣けてくる。
 
坂田おさむお兄さん(いいのか?これ)の歌はツボにはまってしまう。
シングルマザーが結婚する話の歌なんか、うっかり聞いてしまうと、TVの前で号泣してしまいかねないので、危険だ。
 
それから、卒業式で歌われる「いーつーのーことーだかー♪」には、もうお手上げ、完敗だ。

来年には聞かなければいけないと思うだけでも、すでに負けてしまう。
 
独身のころは、NHKが我が家では写らず、ほぼ見たことが無かった。(実家のアンテナに問題あり)
小さなころから見たことが無かったのに、今は一日でもっとも長く見ている。
 
みんなのうたにも名曲はたくさんある。
たまーに「なんなんだこのセンス?」と突っ込みたくなるが、そこが狙いなのかもしれない。
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) こうめとぶぅの毎日 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。