発達障害をもつ息子(ぶぅ)とそのハハ(こうめ)の毎日
こうめとぶぅの毎日
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あの日を乗り越える
2006年 12月 06日 (水) | 編集
涙が止まらなかった。
きっかけは、新聞の一面かな?
朝から読んでいたが、障害者への支援法のこと、虐待で亡くなった子。



その後、朝の仕事を淡々とこなし、CSで「THE HOUSE」という医者もののTVドラマを見ていた。
ERよりも難病専門の救急病院の医師の話で、かなりブラックでダーク。

妊婦が自分の命か、胎児の命かの選択を迫られる。

当然のように産みたいと言うが、妊婦の意識がなくなり、夫が子供の命を選択せざるをおえなくなる。
子供は未熟児で、なかなか産声を上げない、多分障害が残るだろうと言う判断の元の帝王切開だった。
直後、子供の顔も見ないまま、母親は亡くなった。
小さな子供を抱く、残された父親のいとしそうな顔。

息子を産んだ日のことを思い出していた。
私は妊娠中毒症が突然に発症し、緊急入院した。
まだ、産み月ではなかったので約2ヵ月間、窓のない部屋で電気もつけられずに寝たきりだった。

自然分娩は望めなかった。
これ以上、お腹にいても成長しないだろうと言う、医師の判断での出産。
息子の誕生日は医者が決めたのだ。

本当は、私の命も息子の命も危なかった。

今まで、息子の誕生日が来ても、思い出しもしなかったのに。
1時間くらい号泣した。
ようやく、あの日を乗り越えたような気がする。
泣けてよかった。
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
朝日新聞です。
1面に載ってました。
6日の朝刊だったと思います。
もしくは、5日の朝刊です。
2006/ 12/ 12 (火) 07: 04: 57 | URL | みゆきちゃん・さん # -[ 編集 ]
初めまして。障害者自立支援法のこと、どの新聞に載っていましたか?
2006/ 12/ 11 (月) 20: 57: 43 | URL | みゆきちゃん # -[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) こうめとぶぅの毎日 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。