発達障害をもつ息子(ぶぅ)とそのハハ(こうめ)の毎日
こうめとぶぅの毎日
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
かーちゃんも楽しむ
2006年 11月 11日 (土) | 編集
ずいぶん、ゆっくりな更新になりましたが、園での生活と、小学生としての生活の違いは、確実に私をも混乱させていました。

生活時間の違い、息子と過ごす時間の長さ、学校という大きな集団生活、個別級という特別なクラスでの学習・・・・・

一時的に、かなり不安定になりました。

緊張の運動会後、PCが壊れてからも、なかなかペースは取り戻せずに。


薬の飲み方や量も変わったんですが、中途覚醒がひどくなったり、食事を取ることがほぼできない状態で、一週間を過ごしたり、と息子が落ち着きだしたのとほぼ同時期に、私が崩れてしまいました。

こんなときは、 「ゆっくり休むこと」 それは知ってる。

わかっていても難しい毎日で、ようやく食事が取れだしてきたこの頃。

自分自身が変わってきたことを実感しています。

かあちゃん、もっと人生を楽しもう

簡単だけど、そうじゃなかったこと。
無意識に自分がガマンする。
息子のためならと、どんな力にもなろう、と。

そんな時、ふっと思い返した。

ねぇ?子どもを産む前の自分って、どうだった?
結婚前の自分ってどんな風だった?
仕事をどんな風にやってた?


思い出した。

すごく頑張ってて、良いお母さんでいたくて、周りの人にもそう思われたくって、そう言ってもらいたくって・・・そうじゃなかった?

なぁんだ、そっか。
私、ちっとも楽しんでなかった。
楽しんでる風に、人には話してたかもしれない、けど、本当はガマンしてそう演じてたのかもしれない、与えられた課題をただ黙々とこなしていただけなのかもしれなかったのに。

普通じゃない子を育てるのって、選ばれたんだよとか・・・・

でも、本当の自分を思い出してから、楽になった。
もう、ループにはまらない。
だって、ルールがわかったんだもん。

基本のルールはたった一つだけ。

「人生を楽しむ」
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
おひさしぃ~。。。
お元気でしょうか~^^

>24時間子供に目をむけて
はい、おっしゃるとおり。
何の疑いも無く、そうしておりました。
苦しくなっても気が付かないまま・・・

身体に出ても、仕方が無いと思いながら、なおも続けていました。

>旅行
行っちゃって~!!!
どんどん、行きましょうよ~。

だってやることはやってるもんvね?

私も自分の服を一枚買うにも罪悪感にかられてました。
何年もそうしてたから、とうとう着る服が無くなりました。
良い機会ですわ、買ってますよ~。
あぁ~楽しいぃ^^
2006/ 11/ 13 (月) 17: 59: 35 | URL | たららんさんへ # -[ 編集 ]
 うんうん 私も楽しむ!こうめさんも楽しもう!
と読みながら共感しました。24時間子供に目をむけて必死だった私。
今年の初めから 大好きな海外旅行を続けるために フランス語を習い始めました。とってーも楽しい!
自己評価が下がり気味の私にはとてもいい薬みたい。
旅行もいっちゃうぞぉー。
2006/ 11/ 13 (月) 14: 56: 35 | URL | たららん # -[ 編集 ]
ありがとう(__)

こういうルールなら素敵でしょう?^^
いくら身体を休ませても根本が変わっていなかったから、前が見えないままだったんだなぁ~って。

苦しくて苦しくて、それでも両手を伸ばしたら掴めてきた・・・そんな感じかな。
2006/ 11/ 13 (月) 08: 00: 04 | URL | 桃里さんへ # -[ 編集 ]
うう、こうめさん、すてきー!!vv

一緒に楽しもう!
2006/ 11/ 12 (日) 22: 42: 49 | URL | 桃里 # TFdBPIcY[ 編集 ]
お父様が厳しかったものね、ゆすけさんもそうなろうとしてたのかもしれませんね。

>「泣いてもいいんだよ」
うん、泣いても良いよね。
泣けたほうが良いよね。

>自分を許せて
うん、そして子供のころからの呪縛は解けたんだね。

私もこの1年、苦しかった。
でも、こういう結果で自分のことがわかって、無駄じゃなかったなと思える。
わからないまま、もがいていたときが一番苦しかった。

私も今の自分が好きなんです。
良い感じだよね?って言ってあげられる。

それと同時に食事が出来るようになったかな?って感じです。

幸せかどうかは、計るものがありませんが、少なくとも今の私は幸せです。
2006/ 11/ 11 (土) 19: 46: 57 | URL | ゆうすけさんへ # -[ 編集 ]
私が8年ほど前にかかった病気に「ねはならない病」があります。

よい父であらねばならない
よい社会人であらねばならない
仕事はきちんとやらねばならない
弱音を吐いてはならない
男は泣いてはならない

自分に厳しい規則を課して
がんばって がんばって生きていた

次男が幼稚園を替わったり就学でいろいろあった頃だ
思い切り行き詰って 自己嫌悪になり
宗教に頼ったりしてた。

「泣いてもいいんだよ」と言ってもらえる機会があって 自分を許せて
好きだった趣味を楽しめるようになって

あの経験は、あってよかったと思える
どんな嫌な経験も 今の自分のためになっていると思う

今は、だめな自分を笑って
自分を好きになれて
幸せに生きています。

長くなりました 失礼します
2006/ 11/ 11 (土) 19: 06: 30 | URL | ゆうすけ # IY7bLZJE[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) こうめとぶぅの毎日 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。