発達障害をもつ息子(ぶぅ)とそのハハ(こうめ)の毎日
こうめとぶぅの毎日
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
水泳教室終了
2006年 07月 28日 (金) | 編集
本当は月曜まであるのだが、付いてくれる先生がいないので、息子が1人では不安なのではないか?だったら、楽しい思い出として今年は終了させたら良いんじゃないでしょうか?と。

確かに、初日から主任の先生が付き添ってくださり、初日には情緒のいがぐり先生も「失敗さてはいけない」という思いから、出勤でもないのに来てくれ、着替えの様子なんかを見てくれた。

当の本人は朝からブルーで行きたくないなんて言ってたくせに、先生方の顔を見たらすっ飛んで行ったくらい、不安だったんだと思う。

さて、天然先生は・・・?

夏休みでも連絡くださいも無し、終業式に渡した本もそのままにしてお休み中らしい・・・っつーか知らない、もういいです。

いがぐり先生からは終業式に電話があり、
「休み中の様子も知らせて欲しいし、気になったことや療育での様子も知りたいので、どんどんメールもしてくださいね?電話もしても良いですか?」

との頼もしいお言葉。

息子の過去も紐解きたいとの思いから、

「保育園に電話して、ずっと担当だった先生に電話したいのですが、良いでしょうか?」
とも、今日話してくれた。

そして、息子の集団での様子から、かなりSSTのアプローチが必要な事も感じ取ってくれた。

そうなのよぉ~・・・息子はそこが一番弱いのよ。

お友達に強く出すぎるので、必ずもめるのだ。

でも、どうやって説明して良いか分からず、大まかには話していたが、今回のプールのなかでの集団行動のなかでの息子を見て、よく分かってくれたようだった。

「今の状態で交流級に行かせるのは、危険でしょうね。」
「えぇ、そう思ってるから、行かせたくなかったんです。」

「わかります、そういうつもりでないのに、喧嘩になってしまいますよね・・・」

「でも特別支援でもSSTは入ってないでしょう?だから学校では教えてもらえないって・・・・」

「いや、SST自体を知らないんですよ、みんなは」

「あ、また私の尺度で考えちゃった?すみません。」

「教員の間でもSSTを知っている人って少ないんです、しかも実践しているとなるともっとねぇ・・・でも、ぶぅ君の場合は必要ですよね、彼自身が求めている物でもあるでしょうし、やっぱり。」

そうなのか・・・やっぱり、みんな知らないんだ・・・
そんな程度なんだね・・・・とがっくりくるが、目の前に知っていて、実践しようとしている人がいるんだから、幸運とおもっておこうよ、こうめ。

今、RDI理論(自閉症/アスペルガー症候群 RDI「対人関係発達指導法」―対人関係のパズルを解く発達 支援プログラム スティーブン・E. ガット )を読んでいる。
まさに自閉症スペクトラムの弱点とも言える、対人関係の関係介入指導法の新しいアプローチだ。

SSTよりもさらに柔軟な台本作り、といったら良いのだろうか、そんな感じだと私は感じた。
まだ全部読みきってはいないが、興味深く読み進めている。

少しづつスッキリしてきたか。
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
良かったよぉ・・・
夏が頑張り時だね。
大丈夫そうだね?1人じゃないから。

2006/ 07/ 31 (月) 20: 32: 34 | URL | こうめ # -[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) こうめとぶぅの毎日 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。