発達障害をもつ息子(ぶぅ)とそのハハ(こうめ)の毎日
こうめとぶぅの毎日
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
告知の時
2006年 07月 12日 (水) | 編集
ニコ先生の受診が近づく。

もしかしたら「告知」の話をしなくてはいけないかも・・・

この頃、自分でなぜパニックを起こしたか説明してくる。

「ねぇ?パニックって何?僕が起こすって何で?」
って聞いて来るようにもなった。

自分が他の子と違うってのは、園の時に気が付いている。
みんなに出来て、自分には我慢できない音があるのも知ってる。

ニコ先生は告知は小学校に入ったらすぐにしても良いと思うと言ってた。

情緒の担任のいがぐり先生には昨日悩んでいる事を話した。

「まだ早いと思います。彼がそれを知っても、受け止められるだけの何かがまだ彼には芽生えていないと思う」

私もそう思う。
現場の意見が正しいとも思う。

確実にその時が近づいている事も・・・
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) こうめとぶぅの毎日 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。