発達障害をもつ息子(ぶぅ)とそのハハ(こうめ)の毎日
こうめとぶぅの毎日
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最優先の療育って?
2006年 07月 02日 (日) | 編集
今、自信が無くなってきてしまっています。

これで行こうっていう、心の柱みたいなものが揺らぐどころか、根本から崩れているように感じます。

小学校入学と同時に、さまざまな事が起こり、息子が本当に困っている事、自信の無さからくる今までで最強の不安感、園から学校という大きな集団への参加への緊張、学校は園とは違い勉強をしに行くという場所・・・

息子だけが困っているのではなく、私も混乱しているのだと思います。

正直、時々ふっと逃げたくなくなります。
空港や新幹線の駅には、意図的に近づかないようにしています(^-^)
だって、1人で乗ってしまいそうなんだもん。

だから、今、ぜ~んぶ取っ払って、いっちばん困っている事を解決する方法だけに的を絞っていこう!と思います。

そうやって考えていくと、今は、息子の

「友達と遊びたいのに、喧嘩になってしまう・・・なぜだか分からないけど・・・」

これなのかな?って思うんです。
園ではたくさんの友人と毎日遊んでいたのに、今じゃ、ママと2人きり・・・

「もう、ママとだけは嫌なんだ」とも言われました。

今は、園時代の友人たちと月に2回くらい公園に行ったりしていますが、そこでも、必ずと言っていいほど、もめます。

障碍からくる分からなさもあったり、年齢的にお互いが幼いゆえだったり、原因はさまざまですが、決して息子は手を出す事は無いのです。

それはお互いを理解しているからだと思うのですが、息子の中で、友人という概念を理解しているか?というと、「友人」と「そうでもない」という境界が分からずにいるようです。

まだ分からないのか?ずっと分からないのか?、は私にも・・・

療育として何を今、最優先に考えていくか?
そんなことを悩んでいます。
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
ご無沙汰しています。

今の時期に決めていかなければならないので、きつい夏ですよね?

今日、同じセンターで療育を受けてきた方々との談話会があり、出席しました。

皆さん、個別であれ、普通級であれ、大変に苦労しているのは皆同じ。

どちらがいいのかは、本当のところ、私には分からないな、と思いました。

感極まって泣き出す方もいました。
でも、皆さん暖かく見守って、「毎日、これでよかったのか?って思ってるから、あなただけじゃないのよ?」ってみんなで声かけしてしまう場面もありました。

いまでも、これでよかったのかと、息子には個別でよかったのかと、悩む事はありますが、実際に普通級に行くと
「あ、良かったんだ、個別で」
と思い直せます(≧∀≦)

いや、それくらい差があるってことでしょうかね・・・・

今は、息子が楽しく学校に通っている、それが答えだと思っています。
2006/ 07/ 04 (火) 22: 08: 31 | URL | こうめ>けんぼーさん # -[ 編集 ]
お邪魔します。

発達障害の一番上のお姉ちゃんは来年小学生で、現在専門の先生と普通学級に入れるか特殊学級に入れるか検討中です。

普通学級の場合学校側の理解と対応が必要ですので、近じか小学校へ行ってきます。

結構やることが多くなってきています。

この子が20歳になった時どんなお嬢さんになっているか考えましょうね。との先生のお話で、今が大事な時期と夫婦で頑張っています。

出来ることは限られますけど、お互い頑張りましょう。子供の明るい未来の為に。
2006/ 07/ 03 (月) 18: 11: 53 | URL | けんぼー # mBhMSt36[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) こうめとぶぅの毎日 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。