発達障害をもつ息子(ぶぅ)とそのハハ(こうめ)の毎日
こうめとぶぅの毎日
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
交流の意味
2006年 06月 11日 (日) | 編集
息子は大人数が怖いって理由があるので、40人のクラスに入れない。
声の怒号の騒がしさで教室に入れないから。

聴覚の過敏は不安感と比例してひどくなっていく。

その点を先生方に点かれ、しばらくは交流できないと言われ続けていた。

交流できないのは、息子だけの問題じゃないだろう?と感じながらも、明らかに不安定な息子の様子を見ていれば、まずは日常の生活に慣れていくほうが先決だと思ったし。

が、時はすでに6月半ば。
いい加減この辺で、なんか対策は無いものかと、考えていたが、先生からはなんの打診も無い。

そこで事件が起きた。

いつものように帰り道、迎えに行った際に大好きなAちゃんを見つけ

「Aちゃ~ん、一緒に帰りましょう?」

と息子は楽しそうに並んで歩き始めた。

Aちゃん、息子、私、と並んで歩き始めたその時に、同じ交流級の男の子が走ってやってきた。

「おい、○○(Aちゃんの苗字)、一緒に帰ろうぜ」

流れ的にも、Aちゃんも私もその子もいれて、3人で帰るのだと、私もAちゃんもそう思ったので、歩き始めた。

でも、そう思っていたのは私たちだけで、走ってきた男の子はAちゃんだけと帰りたかったらしいかったのだが・・・

その男の子は言葉にする前にあろうことか、息子にたいして「蹴る」という行動に出た。

「なんだよお前、俺の名前も知らないくせに付いてくんなバカ

と突然息子を蹴り、暴言を吐いた

「蹴ったらダメでしょう?人に対してバカって言ったらダメでしょう?」

隣にいた私は思わずその子に向かって強い口調で言った。

「○○、走ろうぜ」
とその声を無視するかのようにAちゃんを引っ張って走っていった。

走りながらも、その子は息子に対して何度もバカ攻撃を続けた。

残された息子はパニックを起こし、号泣し始めた。
一旦学校に戻ろうかと考えたが、もう、パニックの息子には何をどうしても無駄だった。
その場を動けないでいると、他のクラスの一年生の女の子が話しかけてきた。

「どうしたの?泣いちゃダメでしょう?男の子だよ?」


訳を話す息子。(よく話していたと思う、今思えば)

「誰が蹴ったの?あ、あの子ね、知ってる。乱暴よね、この前も5年生のこと喧嘩してた。すぐ蹴るんだよね。でも私、負けないよ、やり返せば良いのに・・・あ、やり返すのも本当はいけないんだよね?」

なんて言いながら、息子はその子と歩き始めた。

私は少し後ろから付いていった。
息子は泣き止み、すっかりその女の子と楽しく話している。

私は悩んでいた。
この蹴られた事を話さなくてはいけないのか、黙ってるべきなのかと。

続く・・・
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
来年ですよね?入学は・・・

そっか、頭良いんですね?その学校は?
息子のところは、地域内では落着いているので、安心していますが、他の学校の個別に通っている人は、息子の学校がうらやましいと話すそうですけどねぇ・・・・

ま、隣の芝生は青いですから。

その蹴った子は、確かに入学時から有名だったんですけど、今回の息子の件でお母様がもの凄く驚いている事に、逆に驚いてしまったんですけどね・・・

自宅では弱気な泣き虫でと言っていたので、外で発散するタイプのお子さんなんでしょうね・・・
すんごいまずいけど。

そこに気が付いてくれると良いなと思います。
2006/ 07/ 02 (日) 10: 58: 58 | URL | こうめ>loveangelさん # -[ 編集 ]
お待たせしてしまってぇ~(_ _)

息子の交流級はかなりわんぱくで自由奔放な子が集まってしまったと、担任が嘆いていましたが、そんな学校側の事情はどうでも良いんですよね。

学級崩壊はしていないですし、先生も頑張ってらっしゃるようですが、来年は「お願いしたのにもかかわらず、新人の先生のクラスで交流の話も出来ないような事があったら、教育委員会に訴えてやる」と思っていますよん。

と校長面談でゆる~く話します。

息子が交流はしたくないってんなら別ですけどね、したいって初めから話しておいたのに、これは無いんじゃいの?状態です。

今は逆交流という形で、少人数で遊んでいます。

ま、本格的に形が出来てくるのは、夏休み以降かもしれないですけどね・・・
2006/ 07/ 02 (日) 10: 52: 08 | URL | こうめ>風来ノラさん # -[ 編集 ]
>ダメージ

いやぁ~~~、目の前で我が子が蹴られるって、すんごいつらいですね。

かなりやられてしまいました。

そんな訳で、すっかりネットも限定して読んでたりして、遠ざかっていました。

交流なんか無くっていい!!!って思いましたが、その後は逆に来て貰う形を取って少人数で遊ぶことで楽しめたようです。

今後も、少人数で息子のクラスで遊ぶ形で進めて行こうかな?と担任と話す予定です。
2006/ 07/ 02 (日) 10: 42: 51 | URL | こうめ>かまねこさん # -[ 編集 ]
ただいまぁ~~~。

まずは自分をクールダウンさせてから、学校に電話しました。

相手のお母様からも電話がありましたが、まさか家の子が???って感じでしたが、彼はすでに有名だったので、ちょっと複雑な気持ちでした。

その後は、きちんと謝ってくれて、息子の名前も覚えてくれて、見かければ近寄って来てくれるそうですが、息子は・・・・逃げているようで・・・ははは┐(´ー`)┌
2006/ 07/ 02 (日) 10: 37: 47 | URL | こうめ>たららんさん # -[ 編集 ]
お久しぶりです(〃TーT〃)うん

ぶぅくん辛そうですね(>_<)
蹴った子は雰囲気的にみんなにそういう子だと思われていそうですね、、、
なんとなくその子自体に問題ありそうですよね、、、

学校の雰囲気はどうなんでしょうか?
あんまりにひどいと通えば通うほどストレスがたまりそうな気がしますがいかがでしょうか?

家の近所の公立校も頭は良いのかもしれないけど、通ってる様子をみていると、何かがかけている感じがする子が多いです。優しさや配慮の方が生きていくうえで大切なのに、、、
2006/ 06/ 13 (火) 09: 51: 50 | URL | loveangel # -[ 編集 ]
初めまして。風来ノラといいます。
中度知的障害+自閉症の娘と
最近発達障害と診断された夫と暮してます。

うちの子は蹴られたりはないけど、後ろ指こそこそ差されてにやにや笑いをされましたよ。ほんと、どんな躾されるとそんなこと出来るんだぁ!とどやしたかったことか。つまるところ、やる子よりも
バックにいる親の姿勢もあると思っちゃうんですよね、私は。甘いですかね?
今は引っ越して別な学校にいてそんなことはないけど、学校のカラーもあると否定はできないです。

あと、交流先に行きたくないと息子さんが訴えてるのは、交流先こそ「荒れまくり」の場合もあるのでは?
交流先の先生の力量もあるし、担任の先生とのコミュニケーションがうまくいってないこともあるしで。
と、いうのも娘が前に通っていた学校がそうだったから。交流もなにも先に、普通の子達が荒れてんのをなんとかしないとと、担任の先生がこぼしてましたっけ。それなのに、学校のメンツで交流(1ヶ月に1度だけでしたが)があって、娘はつまらなそうにしてましたよ。

ブログ内色々と拝見させていただきました。リンクお願いしたいのですがよろしいですか?
2006/ 06/ 12 (月) 16: 19: 58 | URL | 風来ノラ # -[ 編集 ]
思わず、息を呑みました。
ぶぅくんとこうめさんが、どれだけ傷ついたか…蹴ると言う物理的な行為以上のダメージ。ぶぅくん、絶対忘れられないよ…。
学校、なにやってんだ!?
交流はお互いの担任にとって面倒なコトなんでしょうが、こんな事態を放置される位なら、ホームスクーリングの方が何ぼかマシではないでしょうか。
こうめさん、応援してます…
ぶぅくんがあらゆる敵から守られることを祈ります(T-T)

2006/ 06/ 12 (月) 15: 11: 03 | URL | かまねこ # s1C6ulnE[ 編集 ]
かわいいぶぅくんを 蹴るだとぉーー許せん!
たぶん いろんなとこで問題がおこってくるでしょうよぉー。先生には話しておいたほうがいいよー。
その子に かなり問題ありとみた!
私は 目の前で 個別の子がバカとか言われてたのを 学校帰りに聞いて、『二度と言うたら おばちゃんがただじゃおかん!いい加減にしなさーい』と怒鳴りつけました(>_<)
それから メトロくんのおばちゃんは怒るとめちゃ怖いよーと 子どもの間でうわさが飛んでたらしい。へへへ。
2006/ 06/ 12 (月) 14: 50: 48 | URL | たららん # -[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) こうめとぶぅの毎日 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。