発達障害をもつ息子(ぶぅ)とそのハハ(こうめ)の毎日
こうめとぶぅの毎日
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
就学問題で悩んでいる方々へ
2006年 05月 27日 (土) | 編集
最近のアクセス数は、今、就学問題で年長児の親御さんがどれだけ悩まれているか?の証拠なんでしょう。

そこで、もの凄く悩んだ1人として、少しだけ。

1・今の子どもの状態を客観的に見る
2・半年後の子どもの成長も考える
3・子どもの状態を悪くさせることなく、続けていける療育は行っていく
4・引越しも視野に入れられるくらい、柔軟性を持っておく
5・親が先に一杯になってパニックにならない
6・両親で見解の違いでけんかしない(子どもは聞いていますから、いないところで充分にどうぞ)
7・後悔しないように、多数の学校を充分に実際に見ておく


これくらいでしょうか?

決定するまでまだ長い期間があります。
慌てて教育センターに行く必要はないのです。
年末になってからでも良いのです。
悩んでいるのなら、それだけ時間をかけて子どもの成長を見守ってからでも良いのです。
年長の一年間は飛躍的に子どもが伸びていく期間でもあります。

悲観的にならずに、じっくりと検討してあげてください。
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
私も他の区域にとも考えたんだけど、学級崩壊していたり、校長の交代でとっちらかってたりと周りの学校は散々でした。
今の学校はクラス内が安定してると感じたので、決心したんですけどね。

養護学校も視野に入ってましたし。

でも、そんなにたくさんの努力はしなかった気もしています。
なにしろ、体調が悪くなってしまったので、どうにも。
だから、そういう意味ではもっと時間をかけるべきだったなぁ・・・と思っています。

何よりも、入った後が大変なんですよ。
今、感じています。
でも、おのずと仲間は出来てくるし、そう捨てた物でもないです。
今は理解者も増えてきて、よさそうに見えるけど、自閉症について本当に知ってる人はいないです。
未だに人と話さない人、っていうイメージ。
これがね、大変なんですよ。
偏見があるっていうのは、苦しいですね。

だからこそ、理解者が多い環境にいさせてあげたくて、個別にしたんです。

まだ、一歩一歩ですけど、良い環境にしていきたいです。
2006/ 05/ 29 (月) 16: 43: 42 | URL | こうめ>loveangelさん # -[ 編集 ]
私もこうめさんとほぼ同じ意見です。

息子が自閉症とわかったときに決めた事は孟母三遷でした。
親は子供をよりよく育てる為にはどこへでも行く覚悟だと言う事です。
(自分のブログかなり昔にかきました)

実際家の目の前には小学校がありますが、通わせる気はほとんど
ありません。ここの地区は教育レベルも高く多分勉強面では市内一ということで、何の問題もないと思います。引っ越してきてわざわざ通わせル親御さんも沢山いらっしゃいます。
でも私のポイントはそこではないので、、、(^^ゞ

私の理想とするトットちゃんが通ったトモエ学園に一番近いと思えるところに通わせたいなとただ今奮闘中です。
2006/ 05/ 29 (月) 11: 03: 08 | URL | loveangel # -[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) こうめとぶぅの毎日 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。