発達障害をもつ息子(ぶぅ)とそのハハ(こうめ)の毎日
こうめとぶぅの毎日
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
謎が解ける
2006年 04月 11日 (火) | 編集
入学式のときに会った、個別の新しい先生。

なんだか、合わないと思っていたら、謎が解けました。

去年まで普通級の1年生だけを受け持っていたのだとか・・・

あぁ、そうなんだ。

そう、もうお気づきの方もいますね?

障碍を持った子どもと接するのは、実質、初めてだったのです。

なぁんだ、そっか、それならあの「いつまでも親が傍には付いていられないのですから」って言葉も、なぜだったかは頷ける。

息子は普通に見えるんだもん、外見はね。

「この、たった数日で、今までの経験が根底から考えが覆されました」って話してたから・・・


「そう、私たちも同じです。障碍を告知される、その1日で、今までの子育てが全て覆ったんですよ。」
 

そう言いたかった。

先生も手探りだという、分からない事が沢山あって、と話した。
それでも、反応がすぐに返ってくるので、やりがいがあるといってくれた。
「息子さんはとても良い子ですよ?頑張って育ててこられたのでしょう?」と・・・

頑張った?いや、今でも頑張っている、ずっと終わらないマラソンをしているように。

でも、時にはランナーズハイもある。
その快感がたまらなく嬉しいから、走っていられるのだ。
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
うぅ~ん、誤解を与えてしまったようで(_ _)

先生に対しては、一番最初にあった日に言われた一言が、「おや?」と思ったので、その一言がなぜ出たのか?って意味での記事だったのですが・・・

先生が息子のような「障碍なんだけど、ボーダー」な子どもに対しての知識が深くなるにつれて、「頑張ってきましたでしょう?」という感じの良い感じの歓談だったのです。

心配させてしまいしたね?

大丈夫です、とてもよい関係ですよ。
2006/ 04/ 17 (月) 10: 31: 09 | URL | こうめ>ぴーまんさん # -[ 編集 ]
はじめてましてv

あぁ~、猫の肉球にやられてしまいました。。。
かわいい、さわりた~い。
ゴロゴロ言わせたい~。

実家でも猫がいますが、もの凄い人相が悪いので、画像はお見せできません。


1クラスですか、いいなぁ、理想だわ。
そういうところに行きたいって夫に話したら、
「引っ越すほうが、パニックになる」って言われました。
あなたがパニックになるんでしょう?と突っ込みたかったのですが、あは(´▽`)

ランナーズハイがあるから、長距離も走れるのですよね?

でも、今朝の私は息子に対して、反省です。
ゆっくりに付き合えなかった・・・

頑張って笑っていきましょうv

ブログ、またゆっくり後で読みますね。
写真が綺麗で・・・
2006/ 04/ 12 (水) 09: 51: 40 | URL | こうめ>かまねこさん # -[ 編集 ]
こうめさん、はじめまして。
みかんさんのblogから来ました。うちも4月から一年生です。1学年1クラスの小規模校なので「籍」は障害児学級にありますが、「席」は交流級にあって…手厚く見ていただいてます。
うちのも今のところ物珍しさで頑張っておりますが、いつも4月後半から荒れ始めるのでドキドキです。
ランナーズハイ♪私も感じる事あるある~!また来ます。お互い頑張りましょう!
2006/ 04/ 12 (水) 09: 31: 48 | URL | かまねこ # -[ 編集 ]
>案外母親がわが子を

うぅ~~~ん(^o^;
ゆうすけさんの立場からのお言葉は、さくっと刺さりますね~(´▽`)

でも、そうだと思う。
家では、特に困ってない子はたくさんいると思うし。
分かっているのに、時として「親であるがゆえに」揺れてしまうので・・・

息子は今朝あたりから、キタキタ~!って感じで、不安定君です。

先生は「学校ではものすごく、前向きに頑張っているので、無理に何かをさせてはいなんです。」っておっしゃってましたから、今、彼は自信をつけ始めているのではないだろうか?と思っています。

疲れたならば、休んで、また歩けば良いし。
私がアワアワしてしまいがちですが、自省しつつ・・・
2006/ 04/ 12 (水) 09: 18: 25 | URL | こうめ>ゆうすけさん # -[ 編集 ]
初めて接する、ですか。驚きの連続でしょうね。
私は、経験を重ねてもわかったつもりにならずに初めての頃の気持ちを忘れないように、と思ってます。
「このテの子ならまかせとき」とか「この子のことは私が一番知っている」と傲慢にならないように。
案外母親がわが子をわかってないこともある。
いろんな情報知っていて知識豊富なのに安定してない親御さんもいる。
まあ、ホント、エンドレスな長距離走ですから。
楽しんだほうが勝ちですか。
2006/ 04/ 11 (火) 23: 37: 28 | URL | ゆうすけ # IY7bLZJE[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) こうめとぶぅの毎日 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。