発達障害をもつ息子(ぶぅ)とそのハハ(こうめ)の毎日
こうめとぶぅの毎日
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
鬱は続く
2005年 11月 30日 (水) | 編集
祖父が亡くなり、たった3週間で祖母も亡くなりました。
喪主って、ものすごく大変なんですね。
父の状態が悪くなり、危険なのでしばらくは目が離せません。

ぶぅに影響が無いように、私が頑張っています。

そんな訳でしばらく留守にしていましたが、もうしばらくかかりそうです。

でも、ぶぅは元気です。
私も元気です。

なによりも、数年話さなかった兄とまた結束できたのがうれしいです。
まだまだやることがあり、忙しいのですが、すがすがしい気持はあります。
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
>ものすごい気遣いが

はい、我が家の場合は、父が長男なので、他の兄弟からの重圧に耐えられず、兄が喪主代行し、私は親類や葬儀屋さんなどとの連絡係でした。
母が食事を用意できないので、私は走り回っていました。

今も色々な書類を作成してもらったり、納骨の準備、まだまだで、へとへとです。
ぶぅもお遊戯会が迫り、心なしか疲れている気配。。。
朝はゆっくりで、起こしてません。

それぞれの家庭では他に言えない位の色んな事がありますが、今回は本当に参ってます。

それでも、ほんの少しづつは片付き始めていますので、来年の夏ぐらいにはすべて終われるかな?といった感じです。

「全部終わったら、家族で旅行しよう」と、兄の提案で、それだけを楽しみに動いています。
2005/ 12/ 02 (金) 12: 39: 51 | URL | こうめ>みかんさん # -[ 編集 ]
お悔み申し上げます。
喪主経験者です。
夫の死でつとめました。ものすごい気遣いが、病院で臨終までの不眠不休の体に襲いかかります。終わった後にじわ~と
『もういないんだ』とその人の死が実感として染み込んできますが、
香典返しだ弔問客だ、仏事。しかも人がひとり居なくなる事で煩雑な役所や処理しなければいけない事が次から次。

私不在で今思うと、息子の様子は最悪だったみたいです。
息子にとっても『父を失う』と言う変化に対応が苦手な子に大きな変化だった訳ですから。

ぶうくんも何か察しておられるかもしれませんよ。
こうめさん自分自身のストレスにもお気をつけて下さいね。
2005/ 12/ 02 (金) 06: 16: 58 | URL | みかん # vAhLzWHg[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) こうめとぶぅの毎日 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。