発達障害をもつ息子(ぶぅ)とそのハハ(こうめ)の毎日
こうめとぶぅの毎日
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
就学前健康診断
2005年 11月 19日 (土) | 編集
無事に先週終わりました。

周りのママたちが気を使い合ってくれて、ぶぅを真ん中にしてみんなで並んでいきました。
なかなか混んでいて、今年は3クラスになりそうでした。

まずは受付
ハガキを渡します、すると、受付で
「こんにちは」
「こんにちは(ぺこり)」とぶぅは返しました。

当たり前の会話ですが、受付の先生は別紙を確認し、ぶぅが個別だと知ると
「おかあさん?このお子さんはそのクラスで良いんですか?こんなにきちんと応対できて、ハッキリ答えられるのに。校長先生とはお話が済んでるんでしょうか?それともおかあさんの希望でこのクラスなのかしら?」

おぉ~っといきなりのカウンターパンチをくりだされたか?
あのね?受け答えの問題ではないという事が分からないようじゃ、そのほうが問題ですよ、先生。
といいたいのを必死にこらえ

「いいえ、希望して入りたいわけではありませんよ?」と冷静に返した。
すると
「だったら、もう一度校長先生ときちんとお話されたほうが・・・」
(こんにちはの一言で普通学級に入れるんかい、そうやって教育委員会に怒鳴り込んでもいいんだな?あぁ~ん?)

と心の中で怒鳴りつつも、「ありがとうございます」といってさっさとその場を離れることにした。
あとで気が付いたんだけど、多分その先生は「知的」のクラスのベテラン先生だったんだと思う。
この ベテラン ってのは曲者ですぜ!と母は直感する。

まずは眼科、いきなりの難題
「この指をじっと見て、指を追って行って~」
(すみません、その、この指を見るってのがすでに苦手なんですけど・・・)
予感は的中、もんのすごい苦労して先生は検査してた。

次、歯科。
これは余裕、だって園でも何年間もやってるもん。
虫歯もないし、スル~・・・

内科、おしゃべりしない事、ってドアの紙に書いてあったから、みんなに言い渡す。
これもスル~・・・

最後に面接。
親は教室には入れない。
何人かの子供が、一人の先生とやり取りをする。
それを観察している先生も一名、教室にはいた。
ママたちの協力で、ぶぅはまたもみんなにサンドしてもらって、入って行けた。
始めは「お名前は?」と順に聞かれ、「先生と皆でじゃんけんしよう」と全員でじゃんけんした。
そのあと、1人ずつ、後出しじゃんけんをやったらしい。
「先生が出したものに勝つものは何だ?」

そして終了。
子供たちは教室から出てきた。

(じゃんけんかぁ・・・ぶぅ、まだ分かってないんだよね>勝ち負け、これはダメだったろうに・・・)

なんて思いながらも、さぁ、帰りましょうかと靴を取ったその時!

「・・ ・・・さん、・・・ ぶぅさん、いらっしゃいますか?」
と呼ぶ声がする。
はぁ?なんでしょう?と思いながらそっちへ行くと
「校長先生とお話しをしていただきますので、こちらへ」
仕方なく言われるがままついて行くしかない。

他のママたちには、帰っていいからと伝えつつ、足早に校舎に戻る。
ぶぅも「なに?校長先生とお話し?また?」なんてニコニコ付いてきた。
ところが、通されてた部屋で待てども待てども来ない。
さすがに見通しが立たない急な変更のこの状況で、ぶぅは20分我慢して、パニックを起こし始めた。

当然だ、こんなの間違ってる。
「ぶぅ、帰ろう?もうおうちに帰ろう」
でもぶぅは、お友達と帰りたかったのに、どうして?から抜け出せず、どんどんパニックの深みに入り込んだ。

そこへ、やっと叫び声のような泣き声を聞き付けた先生方が飛んできた、副校長を連れてきた。
「もう、パニックを起こしてますから、ムリです、待てません。帰ります」そう言いながら、ぶぅの手を引き歩き出した。

すると
「ごめんなさいねぇ、そうだよね、1人で待ってて、嫌だったよねぇ、ごめんね」と副校長は謝っていた、が、その間もぶぅはパニックが中くらいになっていたので、歩かせるので精一杯だったのだ。
振り返りもせず、学校を後にした。

自宅まで20分弱泣き通し、置いていかれたと大声で叫びながら・・・
「ちがうよ?先に帰ってってママが頼んだの、だからママが悪いの、みんなは悪くないの。また明日会えるよ?」
を何度も繰り返し話しながら帰ってきた。

帰宅しても校長からは何の連絡もなく、腹が立った私は、翌朝速攻で電話をかけた。

校長の言い分はこう
「本来、面談で気になる子がいたら、その日のうちに校長が面談して、母親と話し合うので、帰りに呼んだ。でも、ぶぅはすでに校長と面談済みだったので、話す必要はなかったのに、他の先生にはまだぶぅの情報は流していないので(個人情報だから)、そういう流れと同様に扱われてしまった。
配慮が足りなかった、申し訳ないです、ぶぅ君にも直接謝りたいので、またいらしてもらう機会はないでしょうか?」

受付のベテラン先生とのやり取りはチクらせていただいた。
受け答えだけで判断されましても・・・とやんわり。

他に「あぁ、多分あの子は・・・」ってお子さんもチラホラ見受けられた。

まぁね、今回はただただぶぅが可哀想で仕方なかったよ。
皆と遊んで帰りたかったんだもん。
私も、そこんとこをもっと汲んでやって、待つのを最初から拒否すればよかったんだと思うと、悔しさが残った。

いいお勉強
学校は自分から動いていくもの、待っていても先生は何もしてくれません、っと
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
色々な場所ですれ違っていますよね?

はじめまして、よろしくです。
ブログは今、少し読んだところです。
キットカットおいしそうです。

この記事は久しぶりに読むと、攻撃的ですね・・・
かなり、ピリピリしていたのだと思います。
今もそんなに抜けてないかも。

結果、ヴェテラン先生は他の学年の主任先生でした。
主任ってところが、なんですけどね。

知的担当の先生は、それはそれは、受容的でにこやかな優しい方でした。

今はようやく一ヶ月経って、どのように息子の分かりにくさを伝えていくか?を考えています。
あくまで、プライドに障らずに・・・

園時代はやりあって、何度も先生を泣かしましたが、それでも、何度も話し合ってきて良かったと思います。

今は私自身が小学校という組織に慣れないとな、と思っているところです。

ですが、そろそろ動き出すときかな?と思います。

リンク、承知しました。
こちらもリンクしたいと思います。
2006/ 05/ 01 (月) 10: 02: 30 | URL | こうめ> (,, ゚Д゚)。o 0 (IDがmagnificent_saxblueの人)さん # -[ 編集 ]
お邪魔致します。桃里さんのところから
アクセスさせて頂きました。

教育現場へ戻るつもりで、現在勉強中の
身ですが、忘れっぽい特性を持ち
合わせている事もあり、非常に厳しい
ご意見として、拝読致しました。
現場に復帰できましたら、こうめさんと
ご子息様の身に起きた出来事をも、
重大な教訓として仕事に生かす事が
できればと思っております。

>ヴェテラン
教員は、仕事についている間は、学者と
しての側面(常に自らの業務に関連する
勉強を怠らず、新しい理論を取り込み、
検討して自らの業務に生かしていく事)
を、常に保ち続けなければならない、と
教職関連の授業を取っていた頃に
言われた事があります。
「ヴェテラン」が尊敬を表す言葉として
用いられるよう、自戒したいと思い
ます。


閑話休題。
事後で申し訳ございませんが、私の
ブログ内に、貴ブログへのリンクを
貼らせて頂きました。
宜しくお願い致します。
2006/ 04/ 30 (日) 20: 15: 00 | URL | (,, ゚Д゚)。o 0 (IDがmagnificent_saxblueの人) # 6EQROz9I[ 編集 ]
>自分から動かないと

本当にねぇ・・・
慣れてなかったとは言え、これからは気をつけないと。

また詳しい資料も作らないといけないかな?と思いますけど。

>先生同士 連絡

どうなっているんでしょうか?全く。
人数も多いし、園とは違うことを痛感します。

また2月ごろから本格的に色々と決まるので、また学校に行かなくては・・・
2005/ 11/ 24 (木) 12: 30: 34 | URL | こうめ>たららんさん # -[ 編集 ]
どきどきの就学検診でしたね。
うちの メトロは 眼科検診測定不能 聴力検査は イヤホン(耳あてのような)をした途端
「あっ もしもし あのう メトロですけどぉー」
と 電話ごっこをしよったーー(-_-;)
先生に
「聴力検査してるから 静かに」
といわれようが 続けていたし、、、(-_-;)
 こうめさん 本当に学校は 自分から動かないと、、、です。
ずかずかと 入り込んでいかなきゃ 何してるかわかりましぇん。
まったく ちゃんと 先生同士 連絡しとけっちゅうのよねぇー。
2005/ 11/ 22 (火) 20: 39: 17 | URL | たららん # -[ 編集 ]
>他の子の3倍くらい

同じ同じ(≧∀≦)
どうしよう?って思ったけど、先生も指を変えたり言い方を変えたりしてくれたので、良かったけど。

>一番待たしちゃいかん相手
そうでしょう?一番待たせてはいけない相手なんですよ、息子は。
そりゃ~、パニック起こすって。
でも、反省しました、ここの所、息子の調子も良かったのでうっかり待たせてしまった。

>起こさずに済んだはずのパニック
そう、本当にそう。。。
これさえなかったら、息子はにっこにこで帰りも楽しそうに皆と帰っていたはずなんだもん!
それがもう悔しくってねぇ・・・

今思い出しても泣けてくるよ。。。
2005/ 11/ 21 (月) 16: 21: 21 | URL | こうめ>桃里さん # -[ 編集 ]
>ささる位
今までは、パニックを起こされると「あぁ、やっちゃた」と思い暗い思いをしていたのですが、今回は本気で息子の気持ちがよく分かってしまい、辛かったです。

>余り過度に望まず
園時代で散々学習したはずなのに、場所が変わればまた期待してしまいました、おばかさんですね。

校長先生は、それはそれは何度も謝ってくれましたし、きちんと隠さずに説明してくれたので、納得しています。
本当にいいお勉強になりました。
2005/ 11/ 21 (月) 16: 15: 58 | URL | こうめ>Hideki さん # -[ 編集 ]
>毎日泣かされている
そのようで、お気持ち察します。
本当にこればかりは、出口が見つからないのですよね・・・
人と人で分かりあえるようなもんなのに。

>愛情不足
私たちほど、子供の成長や感情に敏感な親はいるでしょうか?
そう、思ってしまうときがあります。
少し奢っているかもしれませんが・・・

小学校では、今まで以上に楽しく通って欲しい、それだけが願いです。
2005/ 11/ 21 (月) 16: 11: 14 | URL | こうめ>pandoraさん # -[ 編集 ]
辛かったろうなぁって、今でも思います。
幸い、次の日にも持ち越すことなく、元気に園に行きましたから、担任と、ホッとしてました。

ベテラン・・・どこでも聞くんですけど、本当にいるんだなぁって思いました。
以前は、英語の塾のときに散々そのタイプの方と話したんだけど、理解してもらえなかったもの。
最後は「高機能って自閉症はご存知ですか?まで話したけど、「本で読んだ事がありますから、知ってます」って返されて、止めましたけど・・・

ね?ムリな人はいるんだね?
2005/ 11/ 21 (月) 16: 06: 53 | URL | こうめ>loveangelさん # -[ 編集 ]
お疲れさまでしたm(_ _)m
うちも眼科はかわいそうでしたよ。視覚過敏がある身にペンライトは辛い。
他の子の3倍くらい時間かかってましたわ。

しかししかし、待ちぼうけは…
本来一番待たしちゃいかん相手に待ちぼうけは…いかんよ。なんつぅこったい。
すぐに校長先生がきたら、先生達によい印象を持ってたぶぅちゃんもにこにこだったのかもしれないのになぁ… 起こさずに済んだはずのパニック、悔しいったらないよね。
こうめさん、ぶぅちゃん、大変だったね。
2005/ 11/ 20 (日) 18: 08: 51 | URL | 桃里 # TFdBPIcY[ 編集 ]
こうめさん、おつかれさまでした。
ぶうくんもがんばったね。
その友達と自分も一緒に帰りたかったという気持ち、
ささる位よくわかります。
また、お友達と楽しい時間をつくってやって、
少しでもまぎらわせてあげれられば、いいですね。

学校は、まあ、大人社会の縮図ですので
ど~しょうもない奴もうれば、素晴らしい人もいます。
だから、余り過度に望まず、あせらず、くさらず、
少しづつ味方になる先生を増やしていくのが一番に思う。

まあ、今回は学校の失態だけど、
それを校長が心から申し訳ないという気持ちをもってて
態度にあらわしてくれたとしたら、それは収穫と思いましょう

ここで「大人」の態度をみせておけば、校長に大きな印象となり
この先なんか問題があったときにプラスにはたらくかもしれませんからね(笑
2005/ 11/ 20 (日) 00: 06: 20 | URL | Hideki # JalddpaA[ 編集 ]
大変でしたね・・・

ほんとうに、その「ベテラン」先生に毎日泣かされている
私としては、身に染みてわかります。。。。。

障害児教育歴、十年以上でも、未だに「おかあさんの
愛情不足で」とつい先日も面談で言われて、思い出すと
夢に出るほど悔しい。。。(ToT)

でも、小学校とはそういうところなのでしょうね。
がんばりましょう!
2005/ 11/ 19 (土) 22: 30: 59 | URL | pandora # HuBhO90w[ 編集 ]
ちょっと考えるだけでもぶぅ君の辛さが想像できます(T_T)
そして学校に入るということがいかにたいへんかとこれから
行く厳しい道を思うだけでも頭がいたいです(^_^;)

そうなんですよね、、このべてらんというのは
要注意です。家の幼稚園でも一番理解がないのがこのベテランという
先生です。またベテランになると頭が固くて人の意見を受け入れる
という考えも無いので親にとっては困った存在です(-_-;)

ぶぅ君よくがんばったよ、、こうめさんもご苦労様でした、、、

2005/ 11/ 19 (土) 21: 15: 11 | URL | loveangel # -[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) こうめとぶぅの毎日 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。