発達障害をもつ息子(ぶぅ)とそのハハ(こうめ)の毎日
こうめとぶぅの毎日
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イギリスが好き
2005年 03月 02日 (水) | 編集
なんだか、眠れなかったので、こんな話を・・・
 
イギリスが好きで、初めての海外も迷わずイギリスへ。
まだ、空港は改装中で所々がベニヤ板が引いてあって、「国際空港だろ?」
みたいな雰囲気。
着いた時間は早朝で、通勤のちょっと前って感じで、地下鉄は中心に向かうにつれて混んできたが、「くさい」んだった。
車内が臭いの、人の油って感じで、モアって臭う。
 
なんとか目的の駅に着き、重いトランクを引き吊り歩いていると、「ブップー、ヒュウー」などとトラッカーが声を掛けてくる。
「こわっ」これって日常茶飯事だったんだけど、慣れなかった。
 
友人の友人の(つまり知らない)借りてるアパルトに、間借りさせてもらう予定だったが、帰国がズレて、1人多くなってしまい着いて早々のトラブル。
1つのベッドを友人とシェアして眠ることに・・・
 
全員日本人だったけど、みんな就学目的なのに働いて学校は辞めていた。
おやじの2号や、メッセンジャー、日本料理屋(これは基本)とか。

もう1人、当時、大学時代の友人が留学してたので、訪ねた。
寮みたいなところに住んでいて、これまたお金持ちな暮らしで、ギャップがすごかった。
 
私はといえば、初めてのことばかりで、何をしていても自信が持てなかった。
 
ビクビクしているから、スリにも合いそうになるし、体調も悪かったし、トラブル続きで、嫌いになりそうだった。
 
結局、学校に通わずに3ヶ月弱滞在して帰国した。

その後、何年かしてまた訪れるのだが、あの時味わった嫌な気分はすべて無駄にならず、ただの観光で訪れるにしては時間が足りなかった。
 
いいよーイギリスは・・・
 
 
 
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) こうめとぶぅの毎日 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。