発達障害をもつ息子(ぶぅ)とそのハハ(こうめ)の毎日
こうめとぶぅの毎日
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
偏食
2005年 02月 20日 (日) | 編集
ぶーにはあまり無いのだが、夫はひどかった。

今は、本当に食べたくない物は少し、の普通に好き嫌いのレベルに達している。
結婚後、そのすごい偏食に困っていた。

彼の実家では、両親から「この子は変わってるから、食べられるものが少ないのよ、あ、ふりかけ持って行ってね、好きだから、あの子」と言われ、?付き合い期間では、そんなにひどい感じは無かったんだけどなー・・・なんて甘かった。

まず、野菜はお味噌汁の具かサラダでないとダメ、漬物、キムチ、味噌味の炒め物、刺身、納豆、うどん、グラタン、焼肉、たらこ、いくら・・・などなど、普通の家庭料理なんて食べられない状態だった。

好きな物は、ナポリタン、カレー、ビーフシチュー、ハンバーグ、くらい。
 
でも、少しづつどんな所が嫌いなのかを聞いてみたり、味なのか食感なのかとかで、どんな感じが嫌いなのかで、理解していった。

ふりかけが好きなわけではなく、おかずの味が嫌いだったから、ふりかけをかけるしかなかったんだって。
 
夫は今では夏は漬物にビール、冬は刺身かお豆腐で焼酎、たまにお外で焼肉なんてやっているし、野菜なんかバクバク。

どうしてもダメなものは、食感の問題な気がする、あ、においもかな。
年齢とともに、ってこともあるかもしれないけど、同じ物を食べて、おいしいって思えるって大事だなーとつくづく・・・
 
そういえば、ぶーはおそばにつゆ付けるよりも、そのままで食べるのが好きみたい。
夫も子供の頃そうだったんだって、でもみんなが変だってさー、って言ってました。

今なら「通だね、坊主」って言ってあげるのに・・・

 
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) こうめとぶぅの毎日 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。