発達障害をもつ息子(ぶぅ)とそのハハ(こうめ)の毎日
こうめとぶぅの毎日
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
素敵なニコ先生
2005年 10月 14日 (金) | 編集
ようやく、体調も良くなり、今のところは安定してるので、薬の件でお会いしてきました。

今はいいけど、ずっとはいいとは限らない息子の不安症。
だから、しばらくは休み休み(レスパイト)しながら行こうか?って。

さすが、そう同じ事を私も考えていたんだもん。

そんでもって、

運動会までのいきさつをすべて話すと、

「正直だよね~。本当に。」
「運動会なんてさ、行かなくたって良いんだよ?ちっとも困らないから」

私もそう思ってましたからv同じぃ~。

でも、本人は当日は行きたかったらしく、それは失敗しても先生は怒らないし、ご褒美がもらえるから、って言ってましたと話すと、

「すごい!あったまいいなぁ~!幼児でそこまで理解して話してるなんて」(頭を抱えてる)

いや、たまたまタイミング良かったんです、って話した。
だって、息子にいつ切り出そうかな?ってねらってたんだもん、「休んでいいから」って話しを。

そこで、次の波はお遊戯会だろうとのことで、その前からまたお薬を始めていこうか?となった。

お遊戯は好き、歌うのも好き、でもね、楽器の音が大きくなると耐えられなくなるんだって、教室のドアの前で立ってるんだって、入りたいのに、入れなくって。

その話しをニコ先生に話したら
「可哀相だよね~・・・・」
ってうなだれてました。

今回もすっきりして帰ってきました。

そうそう、今後使う薬の話をしていたら、
「もう、お母さん、薬の事は説明しなくてもご存知だよね?」

はい~
その薬は、夫も実父も飲んでますわ、でも言わないでおいた。
なんとなく。

いつも、ちゃんと新しい扉を開けて待っててくれるニコ先生。
先生でなかったら、きっともっと、息子を苦しめてたかもしれない。

それは園でもいえるかな?
しつけは厳しいし、行事もたくさんあったけど、きちんと何が正しいかを学んでくれてると思う。

感謝したいと思ってる。

何でこんなにそういう気持ちになるかと言うと・・・息子が誕生日を迎えたからかな?
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
うんうん。
先生が合わないというか、人として合わないのって、私たちでも辛いのにね・・・

だからこそ、今、私は胃が痛い思いを抱えてるんだと思う。

どうか、良い出逢いでありますようにって、思ってるから。
2005/ 10/ 15 (土) 09: 57: 43 | URL | こうめ # -[ 編集 ]
確かに・・・
こうめさん、こんにちは~
確かに あたった人によって随分と変わっちゃいますよねぇ。
定型発達のお子さんでも学校の先生やお医者さんの違いで大きく影響を受けると思いますが発達障害の子は余計に影響を受けやすいように思います。
2005/ 10/ 14 (金) 16: 57: 45 | URL | rihumi # -[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) こうめとぶぅの毎日 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。