発達障害をもつ息子(ぶぅ)とそのハハ(こうめ)の毎日
こうめとぶぅの毎日
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
またなのか・・・
2006年 06月 12日 (月) | 編集
またもや、色々と事件がおきてまして。

続くと書いておきながら申し訳ないのですが、UP遅れます。

結果的には和解はしましたので、ご安心を・・・

風来ノラ様
どうぞ、リンクしてください。
先ほど、少し拝見しましたが、リンク先には有名な方ばかりで・・・
更新が遅いブログになってしまいましたが、よろしくお願いします。
スポンサーサイト
交流の意味
2006年 06月 11日 (日) | 編集
息子は大人数が怖いって理由があるので、40人のクラスに入れない。
声の怒号の騒がしさで教室に入れないから。

聴覚の過敏は不安感と比例してひどくなっていく。

その点を先生方に点かれ、しばらくは交流できないと言われ続けていた。

交流できないのは、息子だけの問題じゃないだろう?と感じながらも、明らかに不安定な息子の様子を見ていれば、まずは日常の生活に慣れていくほうが先決だと思ったし。

が、時はすでに6月半ば。
いい加減この辺で、なんか対策は無いものかと、考えていたが、先生からはなんの打診も無い。

そこで事件が起きた。

ママ、笑って
2006年 06月 08日 (木) | 編集
ぶぅは表情を見て、気持ちを察する能力が高い。

・怒ってる
・笑ってる
・まだ怒ってる
・困ってる


自閉症という障碍においては、不得意であると記述されるが、ぶぅには得意なところ

気持ちが一杯で苦しい時に自然に笑えてない自分。

ぶぅが指摘してくる。

「ママ?笑って、にっこり、笑顔だよ?」

あぁ、そうだったとぶぅを見ると、ものすごいクチャクチャな顔をして笑ってる。

ママは君を心配しているのに、君はママを心配している。 

色々と学校内で事件が起きたり、急に○○君のおうちに遊びに行くから、と言い出したり(同じマンションの同級生だが、健常の子で約束したそうで)して、慌てさせられているので、私のほうの気持ちが追いついて行かないのに、ぶぅは元気に過ごす。

他の子と遊びたい、みんなと遊びたいって願いが、ぶぅにはずっとくすぶってたから、遊ばせてあげたくて、でも相手のお母さんは息子の障碍を知らないし・・・って考えてたら、迎えに来てくれた。

「良かったら、お母さんもどうぞ?」

ほっとしながらも、男の子の家で遊んだ事もないし、男の子と遊んでいるぶぅを見たことがほぼ無かったので、不安で偏頭痛まで起きた。

他にもう1人いて、みんなで一人一人ゲーム持って遊んでいて、一緒に遊ぶって感じじゃなかったのが良かったのか?
なんとなく溶け込んではいた、ぶぅ。

ところどころ、お互いのお母さんが入って注意はしなくてはいけなかったけど、それはお互いの幼さゆえって感じだった。

帰って来てからもしきりに
「たのしかったねぇ~」
と繰り返す。

そうだね、でもママは昨日からほとんど眠れなかったし、胃が痛くて食べられないほど考え込んでしまってたんだよ?

「ママ、笑って、にっこり?」

はい・・・


copyright (C) こうめとぶぅの毎日 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。