発達障害をもつ息子(ぶぅ)とそのハハ(こうめ)の毎日
こうめとぶぅの毎日
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今朝から
2005年 02月 28日 (月) | 編集
登園前に薬を飲んで行くことにしました。
 
園での生活を上手くこなすためでなく、不安感が軽くなればと思い。
見届けよう・受け止めよう・投げ出さずに・・・
 

 
スポンサーサイト
季節が変わっていくこと
2005年 02月 26日 (土) | 編集
ほんの少しですが、季節が変わっていきますね。
園へ行く道に、まっピンクの梅の花が咲く木があります。
その花が咲き、ウグイスが鳴き始め、園庭の桜が咲き始めます。
 
毎年繰り返される花のリレーですが、ぶーが1つ大きくなる印みたいな気持ちがして、少しさびしい。
入園した2歳の頃、ぶーとこうして手を繋いであと何回この花を見られるだろうか?と思っていた。
 
園庭の桜は見事に咲く。
散る姿も綺麗で、ぶーは「じゅうたんだー」と走り回る。
今年も梅は咲いた。
桜もすぐに咲くのだろう。
 
ぶーは年長さんだ。
最後の園生活が始まる。
 
どうか、楽しいことがたくさんの1年でありますようにと、最後の桜を待っている。

 
朝から
2005年 02月 26日 (土) | 編集
風がぴゅーっと吹き、パニック。

昨日ガムテを剥がしていたので、窓枠に早急に貼り、防音カーテンを引きましたが、ほんの何分でもない作業が今日は足が痺れるほどの生理ツウのために進まない。
 
ぶーは叫んで号泣している。
 
きっつい朝だった。
 
こんな時にもう1人の大人の人が家にいないかなーって思う。
クッション効果の高い方。
ぶーからのでっかいボールの直球を、まともにくらってばかりいては身体も心ももたないわい。
 
お休み
2005年 02月 25日 (金) | 編集
気を張ってきたように思う。
ここ、1カ月くらいずっと。
ぶーはそんなハハのそばで一生懸命ついてきたんだろう。夫のことも考えてこなかったし、周りの事も。
 
少し、見渡す時間を取ろうかと思う。
 
自分のコントロールもできてないから、キツイ。
 
もっと、このページを拡げてみたい気持ちもある。できるのかは置いといて。
 
光とともに
2005年 02月 24日 (木) | 編集
この本は、ぶーが自閉症だとわかる前から存在は知っていた。
実際に診断されてからは、忘れていた。
 
きっかけは勉強会で紹介されて、本を読むことが当時は辛かったこともあり、漫画ならなーくらいの気持ちで、まとめて買ってみた。
 
眼からもの凄いでっかいウロコが、ガラガラと何度も落ちていった。
 
ハハはちっともわかっていなかったんだ、その頃すでに心理の先生も会っていたし、ニコニコドクターにも会っていたのに、なんと時間を無駄にしていたんだろう。
 
あの頃は、治せないって分かってるのに、なんとか普通には暮らせるってどこかで思ってた気がする。
ホントは、暮らせるのではなくて、暮らさせる、だったのに。
 
ぶーは光くん(本の主人公で自閉症児)と違うところは沢山あるけど、心の中は光くんと同じなんだろうなって感じた。

心理の先生にも、スイッチが切り変わったことは分かったらしく、「何がきっかけですか?」と。
 
あんなにいっぺんに、頭の中が入れ替わったのは初めてだった。 
行けなかったんだよ
2005年 02月 23日 (水) | 編集
僕、お別れ散歩行けなかったんだよ、風が恐かったんだ、だからたまごさん(1歳児)とお部屋で待ってたの。
 
ぶーは行けなかったそうです、やっぱり風が恐くて玄関から出られなくなって、残念だったね。
でも、行かないって自分で決めたんだもんね、それは偉かったよ。

ちょうど、お昼の時間も強く吹いてしまったから、泣いたりしてご飯も食べられなくって、大変だったよね、きっと。
 
ごめんなー、なんにもしてあげられなくって、ホントにごめん。
お散歩
2005年 02月 23日 (水) | 編集
今日は春一番で吹きっぱなしの風。
困ったことに、今日は園でみんなで公園へお散歩に行くのだ。
 
泣き叫んだりしたら、辛いだろうと思い朝から薬を飲ませた。
先生には薬のことはまだ話してなかったから、きちんと手紙を書いて渡した。
明日はニコニコドクターに会い、お薬の報告と次回からはどうするのかって話をする。
 
薬は効いてないなーと思う、このまま飲み続けるのがいいのだろうか。
落ち着けばやめてもいいって言ってた、でも多分やめないんだろうな。

ぶーが楽に暮らせる薬って思えばいいなかな?
 
確かに、ひどくパニックを起こすのは音だ。
カミナリ、風、大きいバイク、工事、街中にあふれた音は、ハハだってドクターだって消せない。
難しいなー、悩んじゃう。

花粉が飛び始めた様子で、洗濯物を外に干せません。
かといって、乾燥機は無い我が家、除湿機と短時間の外干しでしのぎます。

 

 
眠いのに
2005年 02月 22日 (火) | 編集
ぶーのママ友が、地元出身でないので案内して欲しいと前々から言っていたので、さくさくっと行って来ました。
 
お友達とこちらから呼べるママ友は彼女しかいないので、久しぶりにランチを楽しんできました。
こじゃれたお店が並んだビルへ行き、自分では作れない物限定で選んでみたりして、主婦ってこんな時に気が合うのかも。
 
でも、やっぱり疲れていたのか、一旦自宅へ戻ってきたら、座り込んでしまった・・・
 
ぶーは昨日は興奮していて、ずっと声が大きく、何度も「大きいです」とジェスチャーしなければならなかった。
よーく観察していると、やっぱり新しいことがあるとこんな感じでハイになる。
不安なんだろうな、いくら説明しても。
そろそろ卒園式が近くなってきたから、年長さんは卒園しますって意味が解かるだろうか?
今まで遊んでくれた男の子が1人いる。
年上のお友達は初めてだった。
もうすぐ最後になるなんて、ぶーにはわからないだろうと思う。
 

そんなこと考えただけで、泣きたくなってきた。
脳波って
2005年 02月 21日 (月) | 編集
子供が検査するんだけど、小さいから親も検査室に入るのは良くあること。
けど、脳波って寝るわけじゃない?眠るわけよねー、ハハはどないすんの?
 
寝かけましたが、頑張って起きてました(カメラ回ってるしさ、音声も)。
ぶーは、思ったよりもこれまたスムーズに寝てくれたりして、薬も飲まずに。
いやー、ぶーは大きな検査のときにはいつも、けろっとこなす。
ありがとうね、頭のシールは痛かったのにさ。
 
もっとも、今までに無いくらいに親切な検査士?の方で、部屋も綺麗だし、防音ばっちりで、ってすごかったなー。
でも、検査したからには結果があるわけで、恐いなーすごく、結果を聞くのが。
 
まだ先の話だけど、期待しないで過ごさないと、すごく後ろ向きかもしれないけど。
 
夫は寝込みました。
風邪ですな。
寝てください、ぐっすりと。
 
偏食
2005年 02月 20日 (日) | 編集
ぶーにはあまり無いのだが、夫はひどかった。

今は、本当に食べたくない物は少し、の普通に好き嫌いのレベルに達している。
結婚後、そのすごい偏食に困っていた。

彼の実家では、両親から「この子は変わってるから、食べられるものが少ないのよ、あ、ふりかけ持って行ってね、好きだから、あの子」と言われ、?付き合い期間では、そんなにひどい感じは無かったんだけどなー・・・なんて甘かった。

まず、野菜はお味噌汁の具かサラダでないとダメ、漬物、キムチ、味噌味の炒め物、刺身、納豆、うどん、グラタン、焼肉、たらこ、いくら・・・などなど、普通の家庭料理なんて食べられない状態だった。

好きな物は、ナポリタン、カレー、ビーフシチュー、ハンバーグ、くらい。
 
でも、少しづつどんな所が嫌いなのかを聞いてみたり、味なのか食感なのかとかで、どんな感じが嫌いなのかで、理解していった。

ふりかけが好きなわけではなく、おかずの味が嫌いだったから、ふりかけをかけるしかなかったんだって。
 
夫は今では夏は漬物にビール、冬は刺身かお豆腐で焼酎、たまにお外で焼肉なんてやっているし、野菜なんかバクバク。

どうしてもダメなものは、食感の問題な気がする、あ、においもかな。
年齢とともに、ってこともあるかもしれないけど、同じ物を食べて、おいしいって思えるって大事だなーとつくづく・・・
 
そういえば、ぶーはおそばにつゆ付けるよりも、そのままで食べるのが好きみたい。
夫も子供の頃そうだったんだって、でもみんなが変だってさー、って言ってました。

今なら「通だね、坊主」って言ってあげるのに・・・

 
一晩中
2005年 02月 19日 (土) | 編集
痛いと泣かれて、寝不足なので、朝ごはん後に一眠りする。
雨だし、寒いし、なんて土曜日なんだろう。
 
家にずっといるとけんかになるので、ぶーとリトミック教室へ行くことに。
お昼頃から急に元気になったので、お休みするのはもったいないかな?と思って。
個人レッスンだから、機嫌悪いと先生に申し訳ない気持ちになる。
先生のクラスは、ぶーが自閉症と知ってから入会してるので、その件についての理解はもともとあった方だ。
それでも、時には手を煩わしているらしい(ハハは入室しないで、廊下で待ってる)。
絶対音感があるが、ハハにはその才能の伸ばし方はわからない。先生ならわかるかも?
とにかく、ぶー自身は身体で表現できる楽しさを痛感しているから、それで良しなのだ。
 
それはダメじゃん
2005年 02月 18日 (金) | 編集
お迎えに行ったら、教室からぶーのパニックの時の泣き声がした。
「なんだろう?遊びをやめたくないのかな?」と思っていたが、連れて来られたぶーを見てびっくりした。
 
包帯巻いてるじゃん、指だけど・・・
 
聞けば、ドアの開け閉めをしていて、自分ではさんだらしく(一本だけ)痛くて泣いていたが、泣きつかれたので「少し、お眠りしたい」と言い出したので、先生が「ベットを用意してくる」と言ったのに、ベットは1歳児が使っていて使えなかったのだと。
それをぶーに伝えたらパニックを起こして泣いていたんだそうだ。
 
それはぶーには通じないってば。
先生ヤダナ―?忘れちゃった?なんて思いました。
ごめんなさい、ちょっとほかの事もあって、えー、そりゃ無いだろう状態です。
 
指は血が出てないけど、内出血してたし、あざになってたのでシップしました。
また爪がはがれそうです。(いたい話嫌いな人ごめん)
検査
2005年 02月 18日 (金) | 編集
週明けにぶーの脳波検査がある。
初めてだから、色々準備してます。
絵カード、着替え、ご褒美、とかこまごまと。
 
検査室はもう、この前入って散々遊んできたから、大丈夫だと思う。
問題は寝るのかどうか?悩んだけどお薬を使う事にすると思う。
昼寝の習慣は4歳クラスには夏場だけしかないから、今は寝ない。
疲れてないと無理だなーっと思うから、午前中は園に行かせるか?
だって、「朝はいつもよりも早目に起こして、お昼ご飯後に連れて来てください」って無理でしょう?早目に起こしたら、一日暴れてますって、きっと。
 
はぁー、緊張する。
 
それが終われば、当分は無いだろうと思う、思いたい。
 
今回は夫は仕事が立て込んでるから、1人で連れて行く。
この頃とても忙しいので、夫に不意に「浮気してる?」と聞いてみた。
「何もしてないのに、ドキッとする自分がイヤだ」って怒ってた。その怒りの焦点は合ってるのか?
 
夫は友達時代だった頃、「自分が好きになると、振り向いてもらえなくていつも振られるんだ」って言ってた。それは確かにちょっと悲しいかも。
夫は「まだ若い(年下)から、結婚なんてしないでいいのに」って私が言っても、「いや、結婚する」って言って聞かなかった、「自分から好きになった人と結婚したいから」って言ったのはこのことがあったからなんだね。
なんか、昨日結婚について少し書き込んでたら、そんな昔のことを思い出してしまった。
でも時々は思い出さないとね、確認・確認
はい、出発進行~!!! 
ちょっとダメだった
2005年 02月 17日 (木) | 編集
やはり、昨日は風が怖い(木が揺れてるのが)と、「ママーお迎えに来てよー」と泣いたらしい・・・
 
うーん。朝お薬飲んでおけばよかったか?来週またニコニコドクターに会うので、メモメモ。
 
過食期継続中です。あー、きつい。あと一週間は続いていく・・・眠い眠い眠い・・・
 
ぶーは一日の時間の流れがよくわかってない。
そろそろカレンダーで教えていかないとなーと思ってたら、とあるHPで巻物カレンダーなるもの発見!!
ぶーにも使えそうな気がするので、購入してみようかな。一日は続いていき、一週間、一ヶ月、最後に一年、の流れを少しづつわかってくれるといいな。
季節はわかったらしい(先生ありがとう)が意味や気温差は、あやしいが?
 
一日がわからんから、時間もわかってない。
タイマーはおもちゃになってしまうかもと思って、まだ試せない。
今は、朝・昼・夕方・夜を理解している最中で、「ママー今は何型?」とか聞いてくるところなんかは、まさにバンザイ自閉っ子!!!
 
我が家は窓が通常に機能していないので(開けられないし、ガムテで目張り)部屋を模様替えして壁面を空けて、ぶーの学習スペースを作ってみようかと考え中。
今は、時計と予定表とホワイトボードだけでもう壁が目一杯になってるから、カレンダーのスペースもないんだもの。
きちんとサイズを測って、おもちゃとお勉強用と分けて、となると設計図描いてみてから家具を動かして・・・
容量オーバー・・・・今日は終了。
風が吹くということ
2005年 02月 16日 (水) | 編集
園でも、風が強いとおびえてしまうことがあるらしく、先生には、「いつもはどうしてますか」と尋ねてみた。
 
風が吹くことはとても大事なことで、花が咲くことに必要なこともあるんだ。
そして、風は雲を運ぶお仕事もしているの。
風にはつよーく吹くのも、やさしく吹く風もあるの。
つよーく吹くときは、みんなもお外で遊べないけど、優しい風は遊べるよ。
風が吹くって、自然なことなのよ。
 
こんな感じでしたが、クラスのみんなにも話しているそうです。
自宅ではなかなか気持ちをそらしてあげることができない(ハハが下手)から、園に行くのは頑張るんだねー。
 
偏食はほとんどないのですが、触覚過敏は強く、濡れたりしたら大騒ぎで脱いでしまいます。
雨の降る日は、風の音と濡れて気持ちが悪いことを思い出してしまうのでしょう、機嫌はとても悪くなります。
最近は、傘を1人で長い時間さして歩くことができる様になり、少しお兄さんになったようです(自分で言ってるの、僕お兄さんみたい?)
 
出来なかったことが段々できるようになるのは、やっぱりうれしいよね。
ハハも同じだ。
きっかけ
2005年 02月 15日 (火) | 編集
ぶーが本当に混乱し始めてから、ハハの精神力も辛くきつくなってきて気付けばぶーを怒っているだけで、なんの手立てもなかった。
今落ち着きだしてから思うことは、褒めてあげてなかったから正解もわからずにいたのではないか?だから、ハハに嫌われていると思い込み、「僕のこと好き?言って!」になっていたのかなって。
 
お休みお休み
2005年 02月 15日 (火) | 編集
結局、ぶーとお休みしました。
今は、ホンのすこしづつですが、ぶーは落ちついてきています。
(ここからは心の声との葛藤)
ここで、参観に行ったら、ガソリンかけて燃やす勢いになる可能性があるな、でも・・行かないでいるって逃げてないか? 何から? 普通に過ごすってことから? 暴れるぶーを押さえつけて帰るのは本望でないから行かない、普通に過ごせるなら、こんなにあの子も苦労してがんばる必要はないんだから・・・
 
に推移して、今に至ります。
さぁて、また無理やり実家に行こうか?誰もいない公園でハハとブランコするか、どうしようね。
あら?今日は
2005年 02月 14日 (月) | 編集
バレンタインデーなのね、きゃ、何か夫に買わなくては。
 
そういえば、彼は昨日篭ってました。ちょっといいかなって。どうぞどうぞいいんですよ。また戻ってくれば。
 
モグモグモグ・・・・止まりません。過食期間の始まりです。冬は太るから、止めたいんですがねー。そして眠い眠い、頭が痛い痛い。
 
お天気がいいのが幸いで、ぶーもなんとか園に行きましたが、明日は朝から保育参観があります。休んだほうが、ぶーの為なのか、私の為なのか、わからなくなります。
 
ぶーの担任の先生には、今回の診断を報告しなくてはなりません。
とても、考え深い先生ですから、こちらもきちんと話さなければなりませんが、これって実は苦手なんですよー、でも今回は、薬の件もあるので、お手紙で許してはもらえないです。
「お母様、ちょっとよろしいですか?」
「よろしくってよー、おほほほほぉ・・・(お蝶婦人)」
簡単にはいきません
2005年 02月 13日 (日) | 編集
ぶーはトイレに関しては、園での生活もあって、時間はかかったが苦労したほどでもなかったと思う。でもこの頃のぶーは違う。
 
過程を飛ばしてしまう、うーん、
 
1トイレに入ります
2便座上げます
3おしっこします
4流します
5おしまいです

この過程の中の、2 を抜かしてしまい、便座はびっしょりになるが、本人は濡れないから気付かないで、終了。
次に入ったハハ、びっくり。
始めは口頭でさらっと注意してみた。ちょっとうっかり、したんだと思ったから。
違う、忘れてしまっていたんだ、と気付いたのは、毎回するようになってからだ。
この頃は、今まではできていた事がすこしづつ忘れ去られてきている様に思えてならない。
園でも、そのようだ。
考えた末にもう一度初心に帰って、連続絵カードなど作成して貼ってみた。
今のところは成功しているが、今度はなにを忘れてしまうのだろうか?
お楽しみ
2005年 02月 12日 (土) | 編集
今日、久しぶりに友達と焼肉へ。
結婚直前まで勤めていた職場の仲間。今はもう、会社はマンションになって跡形も無いんだけど。
みんな、未婚で実家組、「いいなー、帰ったらご飯あって、洗濯してくれて、いいなー」と、独身でも実家の事は母の介護も、食事の支度もこうめがやっていたので、みんながうらやましかった。
今も変わらず暮らしてるみんながさらにうらやましいなーなんて言えば、決まってこう返ってくる「子供かわいいでしょ、いいじゃん、結婚はヤだけど、子供はいいなって思う。」へー、そうなんだ。いや、だまされてはいかん、これは常套手段なんだ、遠まわしにあしらわれているこうめ。
 
彼女たちはそろって綺麗な顔してるし、お金稼いでるからセンスもいいし、でも、1つだけ難点が、それは、へんちくりんだってこと。
何って上手くいえないんだけど、言葉にするとすれば、アダルトチルドレンかなー?以前会社でやった適性検査で全員がCP(チャイルドポイント)が高くて笑われたりした。
 
確かに、それぞれが抱えている問題はあるにせよ、仕事はできるので今も困っていることは無いようだ。 
年齢も同僚には偽っているらしい。26とか8とかって。
気を付けて!あなたの隣の机の人、あたしの友達かも。
帰りました
2005年 02月 12日 (土) | 編集
うん、楽しかった。
自分のもといた場所が、確認できた様な気がしました。

それぞれが、だんだんと年を重ねている様子がわかりました。
でも、独身。
あー、おもしろい。
彼女たちの今後が楽しみです。
愛してる
2005年 02月 11日 (金) | 編集
ぶーがこのごろ、「ママ、僕のこと好き?大好き?言って」って聞いてくるようになった。
 
大丈夫、かーちゃんは、君が自分をわからなくなって、暴れていても、愛してるから、そんなに不安そうに聞かないでいいんだ。
 
大丈夫だから、そんなに泣かないで。
記憶
2005年 02月 11日 (金) | 編集
ぶーはいつも記憶があいまいで、そうかと思えば、1年以上前のことを事細かに話したりする。
それが認知障害ってもんですって言われれば、あーこれが、なんだけど。
 
昨日、ニコニコドクターはそんなハハの不安も察知したのか、「いつもあいまいな感じなのかな?」「はい、特に短期記憶に関しては、すっぽり無かったりします。」
 
記憶する機能に、なにか障害が起きていそうだということがはっきりしてきた。 

前々から持っていたのか、この頃ひどくなったのか、何かが彼の内側から起きているのかも、しれないそうだと。
 
そうか、やっぱりこの頃急速に変わっていたのは、何か起きていたんだな。
いい時期にドクターと話せてホントに良かったな。
 
こうめは記憶力はすごくいい、と思ってる。執念深いってことかもしれないけど、赤ん坊のときに、高い高いが怖いんだけど面白かったこととか、小学校の時の記憶とか、すごく鮮明で、時々辛くなるほど。
そのかわりなのか、最近のことはがっつり忘れたりとかする。
容量オーバーなのかも。
 
ぶーは夫と2人で散歩に出掛けました。お薬飲んでいったから、けんかしてないといいな。
投薬開始
2005年 02月 10日 (木) | 編集
そう、今日は半年に一度のドクターの診察日でした。
桃里さんの教えもあり、この頃の困りごとを紙に書いて受付に渡しました。
今日はいつもよりもは落ち着いている、ぶー(ほんの少しだけ)だが、どうだろうか? 
 
診察室にはニコニコドクターが座ってらした。覚えていたぶーは、照れながらこんにちは。 
その先の質問にはいつも答えられないが、ニコニコドクターは優しく「おもちゃで遊んでおいでー」「はーい」
 
「お母さん、こちら読みましたけど、混乱してるんだねー・・・」と1つづつ話していくと、「薬を始めてみても、いいですか?」「お願いします」
まあ、量もちびっとだし、そんなにすぐには効かないし、でも、飲まないよりはこの状態が良くなることにかけてみます。 
それに、『この状態のままでは、パニックで他傷を起こし始めているんだから、まずいってばー』に答えてくれたニコニコドクターはやっぱり素敵です。夫はビビッて、即効メールに電話、自宅に留守電で心配してました。
 
大丈夫、ぶーは薬飲むのに慣れてますから、ってそうじゃないって。
不安感が強すぎて、明らかに苦しいのであろうから、方法があるなら使いたいと思うし、不安の無い世界を作ってあげたいなとハハ心。
 
さ、ハハも来週は心療内科に行ってきます。
前々から月経前鬱がひどく、先週行くはずが、ぶーのほうがひどくて行けなかった・・・
限界ですからー、行きます。
参ってます。
2005年 02月 09日 (水) | 編集
朝から夫が切れました。
ぶーが朝から「ビデオ見たいから、保育園お休みすーるーのー」
にゅあにおー!!!ぶっちり。
夫が切れました。ぶー専用で買ってあったテレビデオをなんとたんすの上に持っていきました。あんた、それすごく重いんですけど???
 
そんなわけで、朝から号泣しているぶーなのですが、さすがにハハも疲れている気持ちを抑えて「なんで行きたくないかなー?うーん、喉痛いかな?」
「いやーだー、いーかーなーいのー!!」そうかー、でも今日はその理由はダメだよね。 
結果、喉がまだ痛い、お腹も痛い、とのことだったので、病院行ってから園に行きましょう、と切り出して、今日はハハの勝ち。 
 
こ、混んでるよー病院がー。
まだ、インフルエンザが流行ってるんだそうで、朝一で行って、一時間待ちました。それでも、帰りにまたひと暴れしました。
 
「ジージの家に行きたいのー」そんなこと一言も言ってませんからハハは。
もう、すっかり、ここ数日は、ぶっ飛んじゃうみたいです。
ま、言ってないので、聞く耳は持たずに園に行きました。
途中で「僕、保育園に行くんだよね」「うん、行きますけど?」「うん」
はぁー、行きました。
 
もう、予定表はいらなかったんだけど、また復活しなくてはいけないのですね。
何だろう?やっぱり作品展がきっかけだったんだろうか、考えても無駄なのかな?
 
明日は診察日。
ちょうど、良かったのか。
こうめ 誕生日
2005年 02月 08日 (火) | 編集
そう、お誕生日なんです。でも、ぶーに軟禁されてますから、何もできませんが・・・
 
雨が降ったりすると、あんまり機嫌も良くなくなります。
何度も「雨やむ?」を繰り返し聞いてきます。不安なんでしょう。
 
なぜか、天気に左右されています。風が吹いている日だけは、音もあいまって、パニックを起こします。
なので、窓からの情報を与えないように、ぶーがいる時間はいつも閉める事になります。
木がゆれているだけで脅えますから・・・
 
そんなわけで、今日は軟禁状態です。
風邪は引き始めだったので、喉が痛いらしいが、明日には行けそうな感じですね。(早く行ってぇーお願い)
 
せっかくの誕生日ですから、何かおいしい物でもと思いますが、今日は乗り気しないの。もったいないけど、自分で作りましょ。
 
また、ぶーの児童精神科の診察日がやってくる。
30分で何を話せるんだろう?と思うけど、行かないわけにもいかないから行きますが、正解のない話はツライよー。
 
みんなはどんな話してるんだろう?
お熱かしら?
2005年 02月 07日 (月) | 編集
今朝、なかなかぶーが起きない。やっぱり、ちょっとお疲れなの?なんて思ってたら、起きたとたんに「のどが痛いです」とポツリ。
 
あ、風邪引いたのね。
なんだ、昨日の暴れっぷりはすごかったのは、コレですか。
 
ぶーの暴れっぷりはすさまじく、ハハは切れた、でも、切れ返されるだけなので、ムダなんですけど・・・
 
小児科はどこもそうだけど、ぶーのところはここ1年で急に混みだした。
それまでは、発達に関しても話してたりしてたんだけど、もう今は混みこみで話す時間も無い位。
実際は、すでに他の医院で診断名がついていることについては、口は挟まないってとこもあるんだろう。
 
ぶーは、生まれてからずっといろんな検査してるし、点滴もがんばるから、いつも病院で驚かれる。
「何の問題もなく検査できました」と検査技師が驚いているそうだ。

でも、先生は知らない、その前にものすごくおびえていて、帰りたがる彼の姿を・・・
検査の前にはいつもハハのつたない絵を描いて知らせているからだ、とも思うし、そう思いたい。
アレルギー体質
2005年 02月 06日 (日) | 編集
ぶーも夫もひどいアレルギー体質である。
普段から口にするものには、気を使っている。(大体ですよ)  
 
花粉症はそりゃーひどいもので、夫は寝込みます。
薬だって飲んで、あらゆることは試していますが、結局は毎年寝込ますね。
ぶーも同じ道をたどってしまうのかと思うと、その前にはなんとかイイ治療法なんて、甘いかしらね。
 
世の中には、花粉症でもっと苦しんでいる人がいると思うけど、子供に遺伝してしまい、苦しそうな姿を目の当たりにするのも、辛いことだと思うんだけどなー。
 
自閉症の方の中には、食物アレルギーと相互関係にあることもあるらしいから、やっぱりケミカルなものを食べさせることが怖い。
 
そうはいっても、簡単にはぶーの大好きなインスタントラーメンはやめられまへんがな。はっはー。
だってぇー、完璧な主婦なんて期待しないでね、ハハは自分が生きていくことですら、いっぱいいっぱいです。
 
子育てなんて、奇跡。
まして、自閉症児なんて、神様は買いかぶりすぎです。
 
イヤ、もしかして、近い将来にすんごい何かがこのハハの手から生み出されたりして・・・・
妄想だ。 
パニック
2005年 02月 05日 (土) | 編集
今日は作品展当日。朝一で行って空いてるうちに見てこようと夫と画策。
 
いや、なんだか混んでる、しまったーー!!
 
そう、大失敗、まして今回はぶーの友達が沢山野放しでそこらじゅうにいて走り回ってる。
ヤバイ、かなりヤバイ、帰れないかも知れない。
 
出掛ける前に、ホワイトボードで何回も今日の予定を確認したのに、飛んでる気がする、とりあえず、話しかける。
 
「見るのは終わったから帰ろうね」人前で優しくするハハ「いや、遊びたい」「そっか、じゃあ1つだけゲームしようか」券を一枚買ってくるハハ。
さかな釣りゲームにて、お菓子をもらってくるぶー。
「じゃ、おしまいだねー、帰りましょう」珍しく従うぶー。でも、顔が能面になってる。
 
そのときだった。ぴたっと立ち止まり、「うわーん、遊びたいのにー(号泣で叫ぶ)」ものすごい大声をあげてパニックになる。

ハハはつねられた、ぎゅーっと。はじめてのぶーからの抵抗だった。
あ、やられている、すごく痛いし。

びっくりしたが、きちんと予定は伝えたのだから、ここで折れては、泣けば要求が通ると思ってしまう。
 
頑としてハハも負けるわけにはいけない。
大声あげる息子の手を引き、自転車に乗せ帰った。
夫は遊ばせてもいいと思っていた、そんな隙をぶーはキャッチして始めたんだと思った。
 
来年は二人で行こう、ぶーと二人。
調子が悪い
2005年 02月 04日 (金) | 編集
PCの調子が悪い、体もなんだか悪い。
 
週末は元気に過ごさないと、家族中の空気が悪くなる。
でもさー、平日だって疲れるんだけどさ、休日はもっと疲れるんだよね。
 
ハハも休みたいしー、なんて言っても誰もきいてはくれないからっと。
 
ぶーは初めての場所は嫌がるし、大きい音がする場所は行かれないから、気軽にお出かけはできない。
じゃあ、家が好きか?そうではないらしい。
やっぱり、「お出かけ」って言葉にはものすごい反応する。 
そうだよね、お外は楽しいことのほうが多いよね。良かった。
 
やっぱり、年齢とともに引きこもってしまう子供は多い。
一見普通だけども、普通には過ごせない子供だから、自ら遮断してしまって
安全な場所に逃げてしまうのだろう。
 
ぶーのように、早くから障害がわかったとしても、全てのことからは守ってはあげられない。
 
 
いつか、外に出るのが嫌になってしまう日が来るのかもしれない。
copyright (C) こうめとぶぅの毎日 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。