発達障害をもつ息子(ぶぅ)とそのハハ(こうめ)の毎日
こうめとぶぅの毎日
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
乗り越えるということ 
2007年 02月 08日 (木) | 編集
よく、障害児のお母さんで素晴しく楽しそうに人生を送っている人に出会うと、

「もう、いろんな事を乗り越えてて、先に進んでいるんだな」
って思ってた。

私は、まだまだじたばた中なのにって。

でも、最近は自分が言われるようになってきた。
まだですよ、まだまだ乗り越えてません。

大きなものは乗り越えたかもしれないと思うけど、まだ小さな沼や置石につまづきます。
転んで、泣いてます。

でも、息子が障害を持っているということは、本当の意味では乗り越えていないかもしれない。
何年かかるのか、もしくは、そんなことはどうでもいいのか。
スポンサーサイト
おならはね
2007年 01月 30日 (火) | 編集
ぶぅは「おなら」がすごい出る。

しかも、保育園のときにすでに「面白いらしい」という反応に気が付いてしまったから、ニコニコしてやらかす。

いかん・・・このままじゃ・・・

そんで、療育の先生に相談。

「はっきりと、トイレに行こうとしばらくは強めに言って、周りに迷惑で恥ずかしいと言いましょうか?今なら伝わるし、すぐに出来ると思いますよ?」

そうか、やるか。
このままじゃ、まずいのは確かよね・・・
スカートすぎる
2007年 01月 18日 (木) | 編集
ぶぅを連れて歩いてるのに、どうしてもSALEに眼がいき、

「お願いだから、一軒だけで良いから見せて」 
交渉して、

「一軒ね」

と約束して、療育の帰り道に寄った。

まだ商品は山積み、ラッキー^^
まずは今流行の6分丈のパンツ、試着までした・・・似合わない、小学生の日帰り遠足で高尾山にでも登るつもりか?と自分で突っ込む。

次に薄手のセーター
良いんじゃない?好きな色だし・・・
ぶぅがすぐに
「だめ、(抱きつくと)痛いから」

(お前が抱きつかなきゃ良いんだろう?)

次にコーデュロイのスカート、あぁ、欲しかったのよぉ・・・・
サイズもいいし、良いんじゃない?

ぶぅは大きな声で言った

「だめ、そんなのスカートすぎる!」

意味が分からず、へ?となったが、どうやらスカート丈が短すぎるという注意だったのだ。

「え?短いってこと?これ?」
「そお!!」(ちょっと怒ってるし)

たしかに、ミニ丈だけど、さすがにもう生足で勝負はしませんぜ。
中にレギンス履くつもりだったんだもん。

でも、もう、さっさとぶぅがスカートを元に戻してしまったので、買ってはならないということだろう。
まぁね、確かに短いわよね・・・
せめて膝丈ないとね。
はいはい、止めましょう。

結局、コットン100%の長袖Tと小さめのBAGと手袋を買った。

店を出るときに、もう1回だけと思い、スカートを手にとってみた。

「ママ、帰るよ」

ちぇぇ~、こいつすっげぇ~夫にそっくり・・・・
あの日を乗り越える
2006年 12月 06日 (水) | 編集
涙が止まらなかった。
きっかけは、新聞の一面かな?
朝から読んでいたが、障害者への支援法のこと、虐待で亡くなった子。

満点病
2006年 11月 19日 (日) | 編集
少し前から、危惧していた。
その兆候はたしかにあった。

でも、天然先生は気が付いてなかった。

「花丸をつけましたが、気が済まなかったようで、せがむので100点とつけました」

思いっきり連絡帳に書いてあった。

成功体験や、頑張った体験も大事だが、まぁまぁで良いんだと言う感覚も同時に教えていかないと、こうなってしまうこともある。

「~したがるので~させました」
これは危険なの。


ま、長く書いても意味がないので、情緒の先生に明日MLをしておこう。
やっぱり、本を渡した意味がまるっきりなかったんだと、よ~くわかった。

それよりも明日の天気予報が、もの凄い。
学校に行かないかもしれないな。
刺さる視線
2006年 11月 14日 (火) | 編集
ぶぅは普通に黙って集団に入ってしまうと、どこが障害なのかわからない。
落ち着いていれば、友達との会話もスムーズだし、よく笑う。

でも、なにか少しでも刺激が入れば・・・それは同じぶぅなのか?と思うほどの違いがある。
1人で
2006年 11月 06日 (月) | 編集
最近、ぶぅは1人でお風呂に入る。

「ママ?今日僕、1人で入っていい?」

「もちろん」

宿泊学習が6月にあり、その時までにと練習もしていたし、その後も自分で出来ることはやろうね、と話していることもあって、なんとか出来るようになってきた。

脱いだ洋服の始末は、もう一歩って感じだけど。

難関だった背中も、自分なりに「出来る」と思ってやっているので、手伝っていない。

たまに、甘えたいのか?
「ママも入って?」
と一旦入ってから、声をかけてくる日がある。

そんな日以外は、ほぼ1人で入っている。

それが自信に繋がっている。
そう思うから、たまに泡が付いていても、そっと拭いてやるくらいしか手助けはしていない。

頑張ってるのかな。

そんなに頑張らなくっていいのに。
自立は続く
2006年 09月 07日 (木) | 編集
あれから、数日たってますけど、息子は嫌がらずに元気に集団登校しています。

不思議・・・

楽しい?って聞くと、うん、と答えてるけど・・・

さすがに「いつか息切れしてしまうんでは?」と心配もしているが決して顔に出さずにいる私。
あれから、急に今までの何倍も「やってみる。やってみたい」という声を聞くようになった。

でもさ、揚げ物をしてる時はさすがに黙ったよ・・・
魚だからはねて危ないのに、「手伝いたい」って気持ちで一杯ではねてるのに気が付いてない。
ま、カバーしてたけどね、お腹で。
お茶碗持ってきて、お皿出してってしてくれて、指示しないでもお手伝い。
そんなに頑張らないで~、と思いつつ。
「ありがとう」

本来なら、こういう発達を3歳にはしてなきゃいけなかったのかな?と思ったりもする。

自立の最終目標は自活。

自立は続くのだ。
1人で行く・2
2006年 08月 31日 (木) | 編集
マジっすか?

いきなり、集団登校で1人で行くって言い出した。
止める理由は無いのさ、普通の子なら。

・・・・どうしよう、不安な気持ちと裏腹に顔は冷静でいなくては、ばれてしまう。

ラジオ体操で何かスイッチが入ったか?




1人で行く
2006年 08月 25日 (金) | 編集
今朝、ラジオ体操を1人で行きました。

夕べ、くだらない事で些細な喧嘩を息子としました。

その時に
「明日、ラジオ体操行かない」
「あぁ、そう、どうぞ」

よくあるパターンの言い争いだけど、息子は自分で言った事も忘れないから、行かないんだと思ってました。

こちらからは決して切り出さずに・・・・待ってみました。

今朝も公園からはラジオの音が、すると・・・
ラジオ体操でパニック
2006年 08月 22日 (火) | 編集
起こされました、朝の5時・・・
TVを付けだしたので、私に一喝され、また布団に入るものの、独り言でぶつぶつ・・・眠れず。

張り切って5時には起きていた、これがそもそもの発端。

「ラジオ体操に行きたい」

トレペが届く
2006年 07月 28日 (金) | 編集
今日、先日milkさんお勧めのトレーニングペーパー 算数大好きが届きました。

一年分の学習ドリルと考えれば良いだろう。

夏休み用にと買った市販のドリルはすでに半分は終わってしまったので、いちいち買い足すなら、この方が良いかな?と思って、思い切って買ってみた。

なぜ、思い切らなきゃならなかったか・・・
それはねちょっとお高い値段だったから

結局、国語のトレペも買い、自宅学習用になればなと思って。

本当は、家ではゆっくり休んで欲しいと思うんだよ?
でも、彼の中で涌き始めている

「お勉強するって、なんか楽しい」

その気持ちを受け止めてるに過ぎないだけの事。

塾に行くのもいいけど、一年生ならまだまだ教えてあげられる。
3年生あたりからは算数の教え方が分からなくなるかもしれないけど・・・(_ _)

療育でも

「今は成功体験を積み重ねていって、不安感を取っていく事に焦点を向けましょう」

と先日、方向性を決めたばかり。

くれぐれも失敗しないように、慎重に進めていくのが少し気が重いハハなのだった・・・

雨なの?
2006年 07月 18日 (火) | 編集
今朝から、いや、正確には夜中から。

「雨が・・・」といい、寝室のドアを全てしめて回っていた。

我が家は和室に寝てるので、四方がふすまなのだ。

それを一つ一つ夜中に1人で真っ暗な中、閉めていた息子。

当然、朝から不安感爆発で、
「学校は行かない」

行けないが正解なんだろう。

今日は体育があるけど、体育館で激しい雨音を聞くのは雷の日に体験してしまったので、無理なのは理解できる。

しかも、天気予報では「大雨注意報」

すでにソファーに張り付いてて、起き上がりません。

行かないで良いから、って声をかけたら

「うん」

と小さく一言だけ返ってきた。
告知の時
2006年 07月 12日 (水) | 編集
ニコ先生の受診が近づく。

もしかしたら「告知」の話をしなくてはいけないかも・・・

ママ、笑って
2006年 06月 08日 (木) | 編集
ぶぅは表情を見て、気持ちを察する能力が高い。

・怒ってる
・笑ってる
・まだ怒ってる
・困ってる


自閉症という障碍においては、不得意であると記述されるが、ぶぅには得意なところ

気持ちが一杯で苦しい時に自然に笑えてない自分。

ぶぅが指摘してくる。

「ママ?笑って、にっこり、笑顔だよ?」

あぁ、そうだったとぶぅを見ると、ものすごいクチャクチャな顔をして笑ってる。

ママは君を心配しているのに、君はママを心配している。 

色々と学校内で事件が起きたり、急に○○君のおうちに遊びに行くから、と言い出したり(同じマンションの同級生だが、健常の子で約束したそうで)して、慌てさせられているので、私のほうの気持ちが追いついて行かないのに、ぶぅは元気に過ごす。

他の子と遊びたい、みんなと遊びたいって願いが、ぶぅにはずっとくすぶってたから、遊ばせてあげたくて、でも相手のお母さんは息子の障碍を知らないし・・・って考えてたら、迎えに来てくれた。

「良かったら、お母さんもどうぞ?」

ほっとしながらも、男の子の家で遊んだ事もないし、男の子と遊んでいるぶぅを見たことがほぼ無かったので、不安で偏頭痛まで起きた。

他にもう1人いて、みんなで一人一人ゲーム持って遊んでいて、一緒に遊ぶって感じじゃなかったのが良かったのか?
なんとなく溶け込んではいた、ぶぅ。

ところどころ、お互いのお母さんが入って注意はしなくてはいけなかったけど、それはお互いの幼さゆえって感じだった。

帰って来てからもしきりに
「たのしかったねぇ~」
と繰り返す。

そうだね、でもママは昨日からほとんど眠れなかったし、胃が痛くて食べられないほど考え込んでしまってたんだよ?

「ママ、笑って、にっこり?」

はい・・・


雷は怖い
2006年 05月 03日 (水) | 編集
もの凄い雷だった。
ぶぅがゆっくりめな登校が済んで、一時間しただろうか、そんな時だった。

急に暗くなり、ドカドカドカァ~ン!!!!

うげ、今頃泣き叫んでるに違いない。
どうしよう・・・でもどうしようもない。

お迎えの時に様子を聞くしか出来ない。

出来るなら、今すぐに迎えに行きたいが、行ったところでパニックは収まらないだろう。

いつこの音は終わるのか
どうしてこんなに大きな音なのか
いったい雷ってなんなのか


この質問の全てに答えが出たら収まるんだろうか・・・

先生にはちょうどその日に「聴覚の過敏さについて」をまとめた物を渡したばかりだった。

・耳栓の用意も出来る事
・どうしても苦手な音は緩和されていない事
・今は状態が悪いので、特に過敏になっている事


でも、こんなに大きな雷には、耳栓だろうがなんだろうが通用しないのだ。
自宅にいるならまだしも、まだ不安だらけの学校内では、つらすぎる。

案の定、迎えに行ったときには泣き腫らした眼で
「雷で、僕泣いちゃったの。たくさん泣いちゃったの。」

「そっか、良いんだよ?怖かったよね?でももう鳴ってないから大丈夫だよ。帰ろう。」

先生も心なしか、グッタリしている様子だった。
帰ってから連絡帳を読んだ。

「雷が収まるまでは、どうしても無理なようですね」

そうなんだけどさぁ~・・・
どんな風に話したら分かってもらえるだろうか・・・
ただ、怖いだけじゃないんだって事。
私も願う
2006年 04月 28日 (金) | 編集


願い (懺悔もこめて)



Hidekiさんが思いを綴られています。

私も障害児の母ですから、私が声高に「理解してください」と言っても、説得力が無いとずっと感じていました。
そして、少し、孤立していきました。

息子はまだ交流級には行っていません。
口には出さないけど、「息子自身が行きたい気持ち」があるのは、親としての感ですが、分かるんです。

でも、息子の持つ、過敏さや冗談の通じなさや悪意の無いマイペースを子どもたちに簡単に理解できるほどの時間は学校にはありません。

先回りの思いで懇談会でも息子の障碍をきちんとは話しませんでした。
いや、どうやって話したら良いかすら、分からなかったんです。

私がもし健常の子の母親で、自分のクラスに障碍を持った子が籍を置いている、そういう状況でも、その事事態にそんなに興味が無いんじゃないか?って思ってしまっていた事も事実です。

話す前に諦めてたんです。

今はまだ無理でも、ちゃんと君を理解する友人はいるよ?って教えてあげたい。
そう教えられる状況がきたら、胸を張って行けるような気がします。
自由
2006年 03月 30日 (木) | 編集
卒園後も今月末までは通っているので、混乱するかと思ったけど、そうでもないみたいだ。

と思っていたのだが・・・・

体調不良
2006年 03月 25日 (土) | 編集
息子はハイテンションなので、自分の具合が悪くなる事になかなか気が付けないでいます。

でも、最近は変わってきました。

・吐く前に、吐きそうだと伝える
・頭のどこが痛いのか言える
・どうしたら楽になれそうか考える

こういうことが出来てきました。
もの凄く助かります。

以前は痛み出すまで、伝えてくれず、ただ不機嫌になっていくだけだったので・・・

そんなわけで、今、彼は吐き気に苦しみ、寝ています。
食べすぎかと思ったのですが、どうやら軽い風邪の嘔吐症みたいです。

熱もないので、ゆっくりと自宅で休ませています。

疲れたのでしょう・・・・
ぶぅの迷言
2006年 03月 15日 (水) | 編集
「ねぇねぇ、僕さー、かくんしょう?」

あぁ、花粉症ね・・・


「ちぇっくしょー」

それ、ちっくしょーでしょ?


「おいそこの、ちゃらちゃらしたやつら・・・」

なんでそれだけ流暢なの?


「ママと僕、結婚式みたいだね」

あぁ、仲良しさんって意味ね?
copyright (C) こうめとぶぅの毎日 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。