発達障害をもつ息子(ぶぅ)とそのハハ(こうめ)の毎日
こうめとぶぅの毎日
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なんとかなる
2007年 02月 24日 (土) | 編集
いい加減な言葉に聞こえるかもしれないけど、
「なんとかなる」って本当なんだろうな。

そうだな、関西弁の方が聞こえがいいかな?
「なんとかなりまんがな」

変わんないか^^

真剣に悩んで相談してるのに、なんとかなるって返事で返ってきて
「はぁ?」
って思ったんだけど、あらら?本当、なんとかなるもんなのよ。

正確には
「なるようになる」
なんだろうけど。

ケ・セラセラを受け入れる人生にシフトしているんだな。

なるようになる、なぜならそれは知ってるから、そうだってことを。
なぜ、自分で決めた事を泣きながら考えなければならないんだろう・・・

納得してないから?
怖いの?
なにが?
1人になるのが?
自信がないの?


鳥は飛べる形  空を飛べる形
僕らは空を飛べない形  ダラダラ歩く形

ダビンチのひらめきと  ライト兄弟の勇気で
僕らは空を飛ばないかわり  月にロケット飛ばす

たとえでっち上げたような夢も  口から出まかせでもいい
現実に変えていく  僕らはそんな形


「バームクーヘン」ハイロウズ
スポンサーサイト
まだ早いのか、もうなのか
2007年 02月 19日 (月) | 編集
周りの友人が急死したり、大病を患ったり、段々とそういう話題が増えていく年齢になったのだなと感じています。

園の時にもすでに同じクラスのママの悲報を経験しましたし、自分自身もガン検診は未だに3カ月に1度のペースで受けています。

特に介護や障害児のいる家庭では、母親や長女の負担は大きく、身体に変調があってもおかしくないと思います。

自分の中では「まだ」なんだけど、身体は「もう」なのかもしれないですよね。

「息子よりもたった1日でいいから、長く生かせて欲しい」と願うのは、映画の中だけではないはず。

お母さん、どうか子供を思うのと同じ様に、自分の身体にも気をつけてせめて健康診断は受けてくださいね。
出会いの偶然と必然
2007年 02月 10日 (土) | 編集
昨年の夏から、急に人との出会いが増えました。
それまで、偶然は必然と思う方だったのですが、この頃はより強くそう感じます。

それまでの私は、人と会うとその会った後に反動がおきて、寝込む、と言うことの繰り返しでしたから。
自分というものを全くコントロール出来ていなかったのですね。

そして、その出会った一人一人の友人たちによって、大きく私の人生は変わり、まだまだ変化し続けています。

タイミングと決断
2007年 01月 22日 (月) | 編集
最近の私のお気に入りの言葉

「タイミング」

何にでもあるけど、この頃は特に強く感じている。
以前からよく、「偶然はない、あるなら必然だろう」と思っていた。

出会いもそう、別れもそう、物でも人でも。

決断は以前から早かった。
これは留学していた時に学んだ経験でもある。
外国では思うように動けないし、日本ではありえないハプニングも日常で起こる。

「今」

を見極められず、もの凄く痛い思いもした。

そんな経験もあって、それ以後の私は、より瞬時に見分けようと自然にしているのかもしれない。

たとえ選択を誤ったとしても、元に戻れる方法を知っていれば、何にも怖くない。

これから送る人生の選択は、その結果が幸せでなくてもいい。
運が良ければいい、そう思う。

こんな風に書くと、運任せのいい加減な感じだけどね。
copyright (C) こうめとぶぅの毎日 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。